カスタム検索

【健康】しもやけにご用心 3月の春先まで油断禁物

しもやけになった両手。重症化すると、水疱(すいほう)ができたりただれたりする(西川武二医師提供)
 冬の皮膚トラブルの一つ、しもやけ。寒い地方に限られた症状だと思われがちだが、暖房設備が充実し屋内外の気温差が大きくなった現代にこそ起こりやすい症状だという。寒暖差が大きい3月までは注意が必要だ。(小川真由美)
                   ◇
現代特有の症状
 
しもやけは寒さで血行が悪くなることで生じる炎症。手足や耳、ほおなど外気にあたることが多い部位にかゆみや、皮膚が赤くなったり腫れたりする。皮膚の表皮から亀裂ができるあかぎれとは違い、血行の循環障害が大きな原因だ。
 
西川武二医師(70)が東京・四谷で開業する「左門町皮膚科」では、3年前からしもやけで来院する人が目立ち始めた。生活習慣を聞いてみると、郊外から都心に通勤する人や営業などで外を歩く時間が長い人が多かった。
 
ユースキン製薬(川崎市)でも昨シーズンに比べ、若い女性からの問い合わせが増えている。広報担当の高嶋俊継さんは「(しもやけという)言葉は知っていても原因や予防策を知らない人は意外に多い」と話す。
 
西川医師は現代特有の症状である背景として、短期間で寒暖差が激しい気候▽床暖房など暖房設備の充実で屋内外の温度差が拡大▽遠距離通勤で自宅から職場に到着するまでの気温差も大きい│ことを指摘する。気象庁によると、東京・大手町では今月9日、最高気温が21度まで上昇。しかし、翌10日の最高気温は13・1度、11日は同6・0度と温度の差が激しかった。こうしたケースで血管の収縮回数が増えて血行が悪くなり、しもやけになりやすいという。
  
帰宅直後の風呂×
 
予防は血流を良くすることが最も大事。水仕事や接客業など日中にハンドクリームの利用やマッサージが難しい人は、就寝前に多めにハンドクリームを塗りながらマッサージして血行を良くする。体を温めようと寒い屋外から帰宅し、急いで風呂やストーブに当たるのはよくない。急激な温度変化は避け、手足がかじかんだ状態がほぐれるまで待つ。
 炊事など暖かい場所でぬれた手を放置するのも避けたい。そのまま寒い外に出ると、水分が蒸発する際に皮膚の表面温度が下がってしもやけになりやすい。また、今の時期、女性のおしゃれにブーツは必需品だが、足を締め付けると血行不良の原因になる。靴底は地表の冷気を受けやすいので厚めのものを選ぶ。
 症状がなかなか改善しない場合は皮膚科を受診する。赤みや腫れ具合によっては多形滲出性紅斑や膠原(こうげん)病など、しもやけの症状と類似した別の病気の可能性がある。西川医師は「悪化すると我慢できないほどのかゆみを伴うこともある。3月の春先まで油断はしないで」と呼びかける。
                   ◇
 ■暖房の温度設定 関西の方がシビア
 
三菱電機が平成19年10月に関東(東京と神奈川、埼玉、千葉の1都3県)と関西(大阪、京都、兵庫、奈良の2府2県)の20〜60代の主婦計5百人を対象に実施した冬の省エネに関する調査によると、エアコンの温度設定は全国平均22・6度。関東は「23度」が17・4%で最多。以下「24度」16・8%、「25度」15・8%。一方、関西は「20度」がトップで18・9%。「18度以下」の回答も関東が1・6%なのに対し、11・9%に上った。
 同社は「関西の主婦の方が我慢強さやウォームビズ意識が定着しているのではないか」と分析している。
2010.2.16 07:44 産経ニュースより転載 @ @
posted by からだなおし at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬場に血圧が急上昇! グーンと上がる危ない“瞬間”

寒い朝の駆け込み乗車も危ない。

寒い冬場は普段から血圧が高めになる。室内でも温度差が激しい“ヒヤッ”とする場面では、さらに血圧が急上昇。動脈硬化が進んでいる中高年は、それだけ脳卒中や心筋梗塞の危険が高まるのだ。血圧がグーンと上がる“その瞬間”に要注意だ。


【危ない『朝』の瞬間】

冬の血圧が高いのは、体の熱を逃がさないように血管が収縮するから。夏に比べて10−20(mmHg)高くなるといわれる。

そんなこの時期、最も注意したい時間帯は早朝から午前10時ごろまで。人の体は起床前から昼間の活動に備えて、交感神経が活発になるため自然と血圧上昇が起こるからだ。通常、心筋梗塞や脳卒中が午前中に多発するのは、その影響が強い。

「この一過性の血圧上昇を“モーニングサージ(自律神経の嵐)”という」と話すのは、循環器専門医「はとりクリニック」(川崎市)の羽鳥裕院長。とくに冬の危ない瞬間をこう指摘する。

「朝方、飛び起きて薄い服装のままトイレに行く。また出勤前、寒いトイレで長時間いきむと一層、血圧を急上昇させる」

危ない『夜』の瞬間】

冬は夜でも危険な場面がある。大半の人が帰宅してから入る入浴時だ。羽鳥院長は「暖房の利いている居間と暖房の利いていない脱衣所や廊下、浴室の温度差が激しい家ほど要注意」という。

「寒い脱衣所で服を脱ぐと寒さに反応して血圧が上がる。さらに寒い浴室から熱めの湯船に浸かると最初は血圧が急上昇する。体の深部が暖まってくれば次第に血圧は下がるが、また寒い脱衣所に出ると上昇する」

この一連の大きな血圧変動が脳卒中や心筋梗塞の引き金になりやすい。予防は浴槽のふたを事前に開けておくなど、脱衣所や浴室を暖める工夫をすること。入るときの湯温は熱過ぎない40度前後が理想、ぬるければ追いだきすることだ。

【朝の夫婦喧嘩は命取り】

国内外の報告によると、曜日の違いでも脳卒中や心筋梗塞の発症が増えることが分かっている。これもモーニングサージの血圧上昇の違い。最も危ないのは、新しい週が始まり仕事へのプレッシャーを感じる“月曜日”だ。

「血圧変動は生活リズムが変わるときに要注意。月曜日だけでなく、異動など職場の働き方が変わったときも血圧は上がりやすい」(羽鳥院長)

そんなモーニングサージがピークに達する月曜日、しかも寒風の朝。ささいなことで、もし妻と喧嘩が勃発したら…。

「もちろん血圧が上がるので危ない。高血圧など生活習慣病をもつ人は駆け込み乗車など避け、朝は時間の余裕をもっておだやかに出勤するべきです」と羽鳥院長。

気づいていない人が多い危ない血圧変動。冬場の血圧管理は重要だ。

2010.02.10zakzakより転載 @ @
posted by からだなおし at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。