カスタム検索

トイレが近い…夜中に何度も起きて熟睡できない

トイレが近くなると電車やバスに乗るのが想像以上にプレッシャーになる。次の駅に着くまでもつかと思うだけで心臓がパクつくほど尿の悩みは深刻。しかもこの悩み、否応なく中高年男性にふりかかってくる。

1回にたくさん出るわけではなく、出した後も残尿感がある。しばらくするとまた行きたくなる。さらに夜がまた大変。朝起きるまでに何度も行くし、そのせいで眠りが浅い。熟睡できないのがつらい。旅行もまた難儀。電車に乗ると次の駅に着くまでトイレに行けないのがすごいプレッシャーになるので、絶対に自分の運転によるドライブ旅行しかしない。(男性。55歳)

人よりトイレの間隔が近くて1、2時間おきに行きたくなる。そのため車での長時間の移動の時や映画を観るときなどは困る。トイレが気になるとそんなに出るわけでもないのに行きたい衝動に駆られる。半分は心因性が原因とも思えるが前立腺肥大も関係があると思っている。普段はなるべく散歩して、尿意を感じてもぎりぎりまで我慢するようにしている。(男性。65歳)

父は前立腺のトラブルで悩んでいて、とにかくトイレが近い。夜中は何度も起きるし、最近は行きたくなると待てない。対策はストレスを上手に解消するとか、睡眠や運動もあるようだが、父は特に食事に注意している。ヤマイモ、レバー、カキ、ゴマ、ニラ、ニンニク、タマネギ、納豆など黒色やぬるぬる食品を積極的に食べている。(女性。35歳)

50歳近くなってオシッコの切れが悪くなってきた。若い頃はキュッとお尻に力を入れて2、3回プルプルすれば大丈夫だったが、最近はこのプルプルがきかない。あわてて終わらせようとすると、ズボンにしまった途端にジワーッと嫌な感じがパンツの中に展開。悩みは意外に深刻なのだ。(男性。49歳)

まだ40歳前なのにトイレの回数がふえてきた。特に就寝中が多くなった。残尿感も感じるようになった。インターネットで調べたところ、尿路感染症、結石、腫瘍などにより膀胱や尿道が圧迫刺激されて、腎臓の尿を濃縮する働きが損なわれていることも考えられるとか。厄介なことだ。(男性。38歳)

2010.02.18ZAKZAKより転載
@ @
posted by からだなおし at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒を飲むと脳細胞が死ぬ!?

酒飲みには聞き捨てならない話がある。「お酒を飲むと脳細胞が死ぬ」というのだ。これって本当なのだろうか。
医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内文彦院長に聞いた。


「その通りです。加齢とともに脳の神経細胞は減っていきますが、アルコールを長年飲んでいる人の脳では神経細胞の減少率が促進され、CTなどで見ると年齢のわりに高度の萎縮が見られることがあるんですよ」

ガーン!! ちなみに、お酒を1日2合以上飲む人の脳では明らかな萎縮が見られると報告されており、飲まない人に比べて酒飲みは10年早く脳萎縮が進むといわれるのだとか。

「例えば、脳の海馬という部分に萎縮がおこると、記憶力が低下し、物忘れがひどくなります。飲酒時のことを覚えていないブラックアウトという現象もこのためです」

「覚えてない」って、言い訳じゃなかったんだ…。

「さらに、前頭葉という部分の萎縮が進むと、思考力や判断力が低下したり、キレやすくなるといった人格変化が起こったりします。そのため職場や家庭でトラブルを起こすことがよくあります。これは単に脳細胞が死ぬという構造的な変化だけでなく、アルコールが脳内で情報のやりとりをしているさまざまな物質に損傷を与えているためです。脳へのダメージが進行すれば、アルコール性認知症と呼ばれる知的活動が低下した状態になってしまいます」

さらに、アルコールとうつ病には密接な関係があり、お酒を飲み続けている人の自殺のリスクは非常に高いこともわかっている。また、胃潰瘍、高血圧、心筋梗塞、慢性膵炎、糖尿病、痛風、がん、性機能障害など全身のあらゆる臓器に問題を起こすのがアルコールだ。

破壊された細胞はもう手遅れなのだろうか。

「いいえ、手遅れというわけではありません。きっぱり酒を断てば、脳の神経細胞が修復され、あるいは新たに生まれかわり、数カ月、数年単位で脳の萎縮が改善する症例があることも近年、わかっています」

まずは休肝日を作るところから、始めてみるか。

2010.02.06 ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。