カスタム検索

医師も知らない“難病”200万人が要治療 むずむず足症候群

★脳の鉄欠乏状態が神経伝達に影響

疲れているのに眠りたくても寝付けない病気のひとつが
「むずむず脚症候群」。
あまり知られていない“難病”だが、新たな治療薬が登場、
注目を集めている。

正式な病名は『特発性(一次性)レストレスレッグス症候群』。
治療が必要な人は200万人に上るといわれるが、
病気そのものの認知度が低く、
別の病気と診断されて苦しみ続けている人もいるという。

20年前からむずむず脚症候群の治療を行っている
秋田大学大学院医学系研究科の清水徹男教授は、
「一般の人だけでなく医師が知らない病気。

症状を話してもご家族や医師に信じてもらえず、
心の病気と間違われやすい。患者さんの中には、
整形外科や内科を転々として、
きちんとした診断がなかなかつかないケースも多い」と説明する。

症状が表れるのは、夕方や就寝前、長い間じっとしているときなど。
特徴としては、脚の奥が「むずむずする」
「虫が這っているように感じる」「ピクピクする」
などの不快感がある。

脚を動かさずにいられなくなるため、
眠ることができない。室内をうろうろ歩き回ったり、
脚をたたくなどして、
ようやく症状が治まったころに布団に入ると、
また症状が始まる。そのせいで睡眠不足になり疲れが取れず、
日中の活動量も低下しやすいという。

原因は、脳の鉄欠乏状態(鉄の輸送と貯蔵の異常)により、
中枢神経の神経伝達物質・
ドーパミンがうまく働かなくなることで、
「睡眠導入剤を飲むと、
症状を増悪させることがあり注意が必要です。
放置すると症状はゆっくり進行していきます」と清水教授。

治療では、胃腸障害など鉄欠乏につながる基礎疾患をみつけて、
夕方以降はカフェインやアルコール、
ニコチンを摂らない、
就寝前に短時間歩くなどの簡単な行動療法、
ゲームなどで意識を他のことに向け症状から注意をそらす工夫など、
薬に頼らない方法が柱になる。

しかし、これでは治まらない重症患者には、パーキンソン病に
使用されている「ビ・シフロール錠」での治療が可能になった。
今年1月、むずむず脚症候群への適応が新たに承認されたのだ。

「むずむず脚症候群は治る病気です。
薬はパーキンソン病で使用する量よりも少なく、
症状を改善できます。
薬のさじ加減も、
神経内科や睡眠障害の専門医療機関はわきまえていますから、
症状があったら、専門医に受診していただきたい」(清水教授)。

■むずむず脚症候群の主な症状

(1)不快な下肢の異常感覚に伴って、
あるいは異常感覚が原因となって、
脚を動かしたいという強い欲求が起こる。

(2)異常感覚は、安静にして静かに横になったり、
座ったりしている状態で始まる、
あるいは増悪する。

(3)異常感覚は運動によって改善する。

(4)異常感覚は、日中より夕方・夜間に増強する。

※4つのポイントが当てはまるなら
むずむず脚症候群の可能性がある。
専門医への受診を。

2010.03.31ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 08:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛と足の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

股のところが痛く、膝のあたりも痛い

変形性股関節症

三十歳の半ばから六十〜七十歳にかけてみられ、
日本では圧倒的に女性に多い病気です。


その理由はこの病気の原因のほとんどが生まれつきの
股の関節の脱臼、つまり先天性股関節脱臼で、
これが女児に多く発症することによります。


そのほか男児に多いペルテス病やリウマチ、
そのほかの病気に練いて発症することもありますが稀です。


他方欧米では男性に多発し、
こちらは原因がはっきりしないで
この病気が起こってくるのです。
 

どんな病気かというと一般に関節は複数の(多くは二大二本)
の骨が相対して作られていますが、
その相対する部分は軟骨というやわらかい組織で覆われています。


この軟骨により関節はなめらかに動くのですがこれが
すり減った状態になって、痛みを生じる上うになるのです。


年齢的には三十〜五十歳代にかけて多くみられます。

症状としては軽いうちは運動する時の股から膝にかけて
の痛みですが、だんだんひどくなると安静にしていても
痛みを訴える上うになります。


治療法としては杖の使用、
消炎鎮痛剤の内服股関節内へのステロイド剤の注入、
さらに温熱療法や筋力を強化する訓練などがあげられす。


いよいよ重症になった時には人工股関節が考えられます。


この病気に対する手術はできるだけ患者さん白身の
骨や筋肉を利用して行なうことを原則としますが、
年齢が若い時は特にそのようにするべきです。


しかし、高齢者で六十五歳以上、そして重症
の場合には先に述べた人工股関節が適応となります。

なお、これは金属やプラスチックでできたものですので、
完全に元の通りの股にならないことはいうまでもありません。


ここら辺は整形外科医によく相談して決心しましょ





骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。 @ @
posted by からだなおし at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛と足の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己流の練習で股関節痛の恐れ

マラソン人気初心者けが増加 ランニング障害ご用心

比較的経験の浅いマラソン愛好家が、
気付かぬうちにけがをするケースが増えている。

関節や筋肉への負荷のかけ過ぎが原因で、
自己流の練習メニューや音楽を聴きながら走ることによる
注意力の低下で引き起こされることもある。

健康志向や市民参加型の大会の増加でマラソン人気は高まっているが、
専門家は「体と向き合いながら無理のない練習を」と
注意を呼びかけている。
  
「ランニング中に強烈な痛みを感じた。

筋が切れたかと思った」。埼玉県朝霞市のパート、
窪田理江さん(34)は昨年六月、股(こ)関節の異常に気付いた。
二〇〇七年に始まつた「東京マラソン」に刺激され、
昨年二月にランニングを開始。

専門雑誌や自分より速い人の走り方を参考に、
自己流でフォームを改造するなど速さを求め始めた時期のことだった。

「股関節周辺の筋肉に炎症が起きている」と診断された窪田さん。

治るまでは、階段の上り下りなどにも痛みを感じた。
 
「ランニングでけがをするなんて、
高橋尚子さんのようなトップランナーだけだと思っていた。

けがの予防には関心がなかった」と自省する。

ランニングによる負荷のかけ過ぎが原因で股関節や下肢に起こる故
障は「ランニング障害」やママラソン障害」と呼ばれ、
窪田さんのように初心者だが熱心なランナーがかかる
ケースが増えている。

千葉市で開業している整形外科医の南出正順さん(50)の元には
ほぼ毎日、ランニング障害の新患が訪れる。

○七年八月からホームページで同障害を取り上げたところ、
一年後にはアクセス数が約十倍になり、
来院者も増えたという。
東京都豊島区の整体院「はつらつ」でも東京ラソンが初開催されら
七年二月以降の一年間で来院者が約二割増。
平野光輝院長(38)は「今後も増える可能性が高ぃ」と話す。

他方、携帯音楽プレ-ヤーを聴きながら走る人が増えている
ことについて、筑波大の鍋倉賢冶准教授(体育科学)は
「注意力が散漫になりやすい」と指摘。

道路の凹凸や体の痛みに気付くのが遅れ、つまずいたり、
ンニング障害の深刻化につながったりすることもあるという。
 
鍋倉准教授によると、
同障害の予防に重要なのは日ごろからの注意と靴選び。

「走る前に五分間大たで歩くだけでも十分な準備運動になる。

走つた後、筋肉の張りを感じたらたら氷で冷やして」。

初心者にはかかと部分が比較的硬く靴底の厚い、
しつかりした作りの靴が適しているという。


2009年(平成21年)2月25日(水曜日)
日本経済新聞(夕刊)より転載
@ @
posted by からだなおし at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛と足の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛・両足の痛みがひどく悩んでおります。

私は今60才ですが、
大工仕事を永年してて
5年ほど前から
腰痛・両足の痛みがひどく
悩んでおります診てください。
太ももの裏から、脹脛にかけて、
つれるような痛みがはしるんです、
横になっても痛み治まりません。

しょちゅう両足が攣り恐怖に襲われます。

腰痛もひどく、
寝返りしようものならピット痛み走ります。

医者にてブロック注射を受けると麻酔効いている時だけで、
すぐに痛みが戻ります。

病院にてMRIの診断でも脊椎に変形見られず
狭窄症、坐骨神経痛では無いとの診断を受けました。

しかし、
毎日痛みが現われ、
歩きがとても辛いです。

車の運転でクラツチを
操作するとき力が入らない!

お願いします、
治してください!
十数年振りに思い出して来ました。


施術を始めると、
頭や頸、両肩甲骨、腸骨、両膝、両足首に
過敏な痛みが起きていて
体全体がひどく歪んでいました。
バランスを整えた後は、


どうですか?

あれぇ〜

腰曲げられます、

腰もおろせます、

歩いても痛くありません!


本当は、
何回か施術すればよいのですが、
御都合もお有りでしょうから、
ご自分で判断をお願いしてます。

@ @
posted by からだなおし at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛と足の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。