カスタム検索

不調元気 肩こり、冷え放っておくと…がんなど大病に直結も

★日頃から体を温める行動が大切

なんだか気になる肩こりやだるさ。自称健康な人ほど危ない

体調を崩しやすい季節の変わり目は、
元気なのに不調を感じる「不調元気」の人が増加する。
肩こりや冷え、
疲れやだるさなど日常的に感じる身体のSOSを放っておくと、
生活習慣病やがんなどの大病に結びつくこともあるという。

花王がサポートする「血めぐり研究会」
が行った20代〜40代の男女650人を対象にした調査では、
「現在健康である」と回答した501人のうち、
92%が「肩こり」「冷え」
「疲れやだるさ」などの不調を感じていた。
こうした“不調元気”の人は女性の場合20代が最も多かったが、
男性は年代に関係なく、「下痢」(38.8%)
の症状を訴えた人もいた。

こうした結果に,
東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニックの川嶋朗所長は、

「ちょっとした体調不良にも、原因がありますが、
働き盛りの男性はこうした不調を放置しがち。
仕事に責任感はあっても、自分の身体には無責任。
それが、
不調元気につながり、やがてがんなどの病気になるのです」と警告。
さらに、「ストレスや食生活の乱れにより、
身体が冷え、血液循環や新陳代謝が悪くなると起こる症状。
日頃から身体を温めることで不調元気の症状は改善されます」と話す。

身体を温めるポイントは、
「肩・首もと」「腰まわり」「二の腕の裏側」
「ひざの裏・太もも」の4カ所。
インナーを着用しデスクワークのときも肩かけ、
ひざかけ、湯たんぽなどで温める。
実際に、川嶋所長は湯たんぽを仕事中にも使用しているそうだ。

「自分の1日を振り返ると、
必ず身体を冷やすような生活習慣があるはず」と川嶋所長。

たとえば、朝シャワーを浴びて朝食抜きでは体温は上がりにくい。
通勤電車で座り、駅ではエスカレーターを使用し、
会社ではエレベーターに乗る。
こうした行動も身体の活動量が鈍くなり、体温は上がりにくい。
また、
時間を惜しんで昼食を5分で済ませるなど安易な食習慣もよくない。

「食事は時間をかけて、しっかり噛むことで体温は上ります。
また、階段を使うなどの軽い運動も必要。
夏場でも体温より2度ほど高い38度程度ぬるめの風呂に
帰宅後ゆっくり浸かってください」 (川嶋所長)

「不調元気」は病気の一歩手前。甘く見ない方がよさそうだ。

2010.03.24 ZAKZAKより転載2010.03.24 @ @
posted by からだなおし at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低血圧 侮れない中高年からの発症

低血圧解消にはウオーキングも効果がある

脳卒中や心筋梗塞を招く恐れのある高血圧に比べて、
あまり注目されることのない低血圧。だが、
朝がつらくて会社を遅刻したり、不定愁訴がつきまとう。
また中高年からの低血圧には、まれに難病が隠れている可能性も。
決してあなどれない。

【朝100以下が目安】

低血圧は血圧の維持機能が低下している状態で、
一般に『最大血圧(上)100mmHg以下』が目安にされる。
低血圧でも症状がなければ問題はない。
が、チェックリストのような症状が強く、
生活に影響するようなら治療や対策が必要だ。

「よく“貧血”と混同されるが、貧血は赤血球が少ない状態で
採血検査でないと分からない。低血圧とは別もの」
と話すのは、低血圧の研究をしている東京・
新宿にある平野医院の平野誠一郎院長(循環器専門医)。

血圧は1日内の変動が激しいので、
低血圧の血圧測定は朝、起床直後の数値が基礎になる。

【隠れた難病にも注意】

低血圧は主に、明確な原因がない「本態性低血圧」、
基礎疾患が原因で起こる「二次性低血圧」、
立っているとき血圧が下がる「起立性低血圧」の3つに分類される。

平野院長は「体質的な素因もあるが、
足腰の筋肉の衰えで心臓に戻る血液が減り起こる場合がある。
デスクワークや運転手など長時間座りっぱなしの職業の人に起こりやすい」という。

また、中高年で起立性低血圧の人は、「隠れた病気にも要注意」
と、こう警告する。

「発症数は少ないが、自律神経障害が強い“シャイ・ドレーガー症候群”という特定疾患がある。
初老男性に多く、起立性低血圧、汗が出ない、
ED(勃起障害)が特徴。進行すると生活が難しくなる怖い病気です」

どんなタイプの低血圧か、早めに精密検査でハッキリさせるべきだ。

【生活習慣で克服も】

二次性低血圧は基礎疾患の治療が重要。
本態性低血圧では血圧を上げる薬物療法もあるが、
生活習慣の対策だけでも症状はかなり改善する。
例えば、
(1)ウオーキングや水泳などで足腰の筋力強化
(2)毎朝10分間、全身の皮膚をこすって刺激し血行をよくする(3)朝食のとき塩分の多い食品をとる
(4)チェダーチーズを食べると血圧維持にいい
(5)コーヒーや緑茶などのカフェインは自律神経の働きをよくする、などだ。

また、食後は胃や腸に血液が集中するので、
血圧が下がる「食後性低血圧」という人もいる。
平野院長は「『食べてすぐ横になると牛になる』というが、
低血圧の人は横になった方がいい」とアドバイスする。

朝は不調で不機嫌というアナタ、起床直後の血圧を測ってみよう。

★「低血圧」チェックリスト

□早起きが非常に苦手

□毎朝だるい、疲労感がある

□午前中は頭がボーとする

□よく立ちくらみがする

□朝、頭が重く感じる

□朝はまったく食欲がない

□食後にふらつき感がある

□乗物に酔いやすい

□動悸がする

□寝つきが悪い

※該当が多い人は血圧を測ってみましょう。

平野医院(東京・新宿)/平野誠一郎院長作成

2010.03.01 ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレが近い…夜中に何度も起きて熟睡できない

トイレが近くなると電車やバスに乗るのが想像以上にプレッシャーになる。次の駅に着くまでもつかと思うだけで心臓がパクつくほど尿の悩みは深刻。しかもこの悩み、否応なく中高年男性にふりかかってくる。

1回にたくさん出るわけではなく、出した後も残尿感がある。しばらくするとまた行きたくなる。さらに夜がまた大変。朝起きるまでに何度も行くし、そのせいで眠りが浅い。熟睡できないのがつらい。旅行もまた難儀。電車に乗ると次の駅に着くまでトイレに行けないのがすごいプレッシャーになるので、絶対に自分の運転によるドライブ旅行しかしない。(男性。55歳)

人よりトイレの間隔が近くて1、2時間おきに行きたくなる。そのため車での長時間の移動の時や映画を観るときなどは困る。トイレが気になるとそんなに出るわけでもないのに行きたい衝動に駆られる。半分は心因性が原因とも思えるが前立腺肥大も関係があると思っている。普段はなるべく散歩して、尿意を感じてもぎりぎりまで我慢するようにしている。(男性。65歳)

父は前立腺のトラブルで悩んでいて、とにかくトイレが近い。夜中は何度も起きるし、最近は行きたくなると待てない。対策はストレスを上手に解消するとか、睡眠や運動もあるようだが、父は特に食事に注意している。ヤマイモ、レバー、カキ、ゴマ、ニラ、ニンニク、タマネギ、納豆など黒色やぬるぬる食品を積極的に食べている。(女性。35歳)

50歳近くなってオシッコの切れが悪くなってきた。若い頃はキュッとお尻に力を入れて2、3回プルプルすれば大丈夫だったが、最近はこのプルプルがきかない。あわてて終わらせようとすると、ズボンにしまった途端にジワーッと嫌な感じがパンツの中に展開。悩みは意外に深刻なのだ。(男性。49歳)

まだ40歳前なのにトイレの回数がふえてきた。特に就寝中が多くなった。残尿感も感じるようになった。インターネットで調べたところ、尿路感染症、結石、腫瘍などにより膀胱や尿道が圧迫刺激されて、腎臓の尿を濃縮する働きが損なわれていることも考えられるとか。厄介なことだ。(男性。38歳)

2010.02.18ZAKZAKより転載
@ @
posted by からだなおし at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酒を飲むと脳細胞が死ぬ!?

酒飲みには聞き捨てならない話がある。「お酒を飲むと脳細胞が死ぬ」というのだ。これって本当なのだろうか。
医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内文彦院長に聞いた。


「その通りです。加齢とともに脳の神経細胞は減っていきますが、アルコールを長年飲んでいる人の脳では神経細胞の減少率が促進され、CTなどで見ると年齢のわりに高度の萎縮が見られることがあるんですよ」

ガーン!! ちなみに、お酒を1日2合以上飲む人の脳では明らかな萎縮が見られると報告されており、飲まない人に比べて酒飲みは10年早く脳萎縮が進むといわれるのだとか。

「例えば、脳の海馬という部分に萎縮がおこると、記憶力が低下し、物忘れがひどくなります。飲酒時のことを覚えていないブラックアウトという現象もこのためです」

「覚えてない」って、言い訳じゃなかったんだ…。

「さらに、前頭葉という部分の萎縮が進むと、思考力や判断力が低下したり、キレやすくなるといった人格変化が起こったりします。そのため職場や家庭でトラブルを起こすことがよくあります。これは単に脳細胞が死ぬという構造的な変化だけでなく、アルコールが脳内で情報のやりとりをしているさまざまな物質に損傷を与えているためです。脳へのダメージが進行すれば、アルコール性認知症と呼ばれる知的活動が低下した状態になってしまいます」

さらに、アルコールとうつ病には密接な関係があり、お酒を飲み続けている人の自殺のリスクは非常に高いこともわかっている。また、胃潰瘍、高血圧、心筋梗塞、慢性膵炎、糖尿病、痛風、がん、性機能障害など全身のあらゆる臓器に問題を起こすのがアルコールだ。

破壊された細胞はもう手遅れなのだろうか。

「いいえ、手遅れというわけではありません。きっぱり酒を断てば、脳の神経細胞が修復され、あるいは新たに生まれかわり、数カ月、数年単位で脳の萎縮が改善する症例があることも近年、わかっています」

まずは休肝日を作るところから、始めてみるか。

2010.02.06 ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日のストレス 明日の病気】口角炎 不条理な客の応対が続くとおちょぼ口に?

家電量販店に勤務するTさん(38)は、若いころからストレスがかかるたびに「口角炎」に悩まされてきた。唇の脇がひび割れて、いずれ裂けてくる。「特に冬場は多いんです」と嘆く彼はいま、おちょぼ口だ。

これまで何度となく口角炎を経験してきたが、その痛みや煩わしさに慣れることはないという。

「ものを食べたり飲んだりするときはもちろん、アクビや大笑いをしただけでも強い痛みが出るんです。一番つらかったのが歯医者さんに行ったとき。さすがに痛くて口を大きく開けられないので、診察をキャンセルして帰ってきたこともあります」とうなだれる。

彼の口角炎ができるのは、決まってストレスがかかった時。特に彼にとってのストレス源は、不条理な客だ。

「クレジットカードが預金不足で使えないといっても、『客を信用できないのか!』と怒鳴られたり、商品がモデルチェンジすると『なんで勝手に変えるんだ!』と激高したり。そんなこと僕に言われてもねぇ…」

不思議なもので、その手の客が一人来ると、その日はクレームが連続する。そして翌朝、彼の口元は裂けている…。

「精神的な抑圧によって交感神経が緊張状態になり、唾液の分泌量が減ることでさまざまな症状を起こすことになりますが、口角炎もその一つ。人によっては唇だけでなく舌が乾いてひび割れることもあります」と語るのは、東京・渋谷区にある片平歯科クリニックの片平治人院長。要はストレスから来るドライマウスが原因だったのだ。

同じストレス性の症状でも、狭心症や突発的な下痢などと比べれば、口角炎など軽いもの。でも、客商売のTさんにとっては、“話しづらい”という症状は重大な問題だ。

片平院長は、「当面は薬剤軟膏を塗り、刺激物をさけて、口を大きく開けないこと。口の中の粘膜や舌に異常があればカンジダ症を疑う場合もあるが、そもそも口腔は全身の健康状態を反映しやすい場所。栄養と睡眠を十分に摂り、ストレスをためない工夫が大切」と話す。

Tさんのひょっとこのような口元が、笑顔で広がる日はくるのだろうか。(長田昭二)

2010.02.02 ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【健康】しもやけにご用心 3月の春先まで油断禁物

しもやけになった両手。重症化すると、水疱(すいほう)ができたりただれたりする(西川武二医師提供)
 冬の皮膚トラブルの一つ、しもやけ。寒い地方に限られた症状だと思われがちだが、暖房設備が充実し屋内外の気温差が大きくなった現代にこそ起こりやすい症状だという。寒暖差が大きい3月までは注意が必要だ。(小川真由美)
                   ◇
現代特有の症状
 
しもやけは寒さで血行が悪くなることで生じる炎症。手足や耳、ほおなど外気にあたることが多い部位にかゆみや、皮膚が赤くなったり腫れたりする。皮膚の表皮から亀裂ができるあかぎれとは違い、血行の循環障害が大きな原因だ。
 
西川武二医師(70)が東京・四谷で開業する「左門町皮膚科」では、3年前からしもやけで来院する人が目立ち始めた。生活習慣を聞いてみると、郊外から都心に通勤する人や営業などで外を歩く時間が長い人が多かった。
 
ユースキン製薬(川崎市)でも昨シーズンに比べ、若い女性からの問い合わせが増えている。広報担当の高嶋俊継さんは「(しもやけという)言葉は知っていても原因や予防策を知らない人は意外に多い」と話す。
 
西川医師は現代特有の症状である背景として、短期間で寒暖差が激しい気候▽床暖房など暖房設備の充実で屋内外の温度差が拡大▽遠距離通勤で自宅から職場に到着するまでの気温差も大きい│ことを指摘する。気象庁によると、東京・大手町では今月9日、最高気温が21度まで上昇。しかし、翌10日の最高気温は13・1度、11日は同6・0度と温度の差が激しかった。こうしたケースで血管の収縮回数が増えて血行が悪くなり、しもやけになりやすいという。
  
帰宅直後の風呂×
 
予防は血流を良くすることが最も大事。水仕事や接客業など日中にハンドクリームの利用やマッサージが難しい人は、就寝前に多めにハンドクリームを塗りながらマッサージして血行を良くする。体を温めようと寒い屋外から帰宅し、急いで風呂やストーブに当たるのはよくない。急激な温度変化は避け、手足がかじかんだ状態がほぐれるまで待つ。
 炊事など暖かい場所でぬれた手を放置するのも避けたい。そのまま寒い外に出ると、水分が蒸発する際に皮膚の表面温度が下がってしもやけになりやすい。また、今の時期、女性のおしゃれにブーツは必需品だが、足を締め付けると血行不良の原因になる。靴底は地表の冷気を受けやすいので厚めのものを選ぶ。
 症状がなかなか改善しない場合は皮膚科を受診する。赤みや腫れ具合によっては多形滲出性紅斑や膠原(こうげん)病など、しもやけの症状と類似した別の病気の可能性がある。西川医師は「悪化すると我慢できないほどのかゆみを伴うこともある。3月の春先まで油断はしないで」と呼びかける。
                   ◇
 ■暖房の温度設定 関西の方がシビア
 
三菱電機が平成19年10月に関東(東京と神奈川、埼玉、千葉の1都3県)と関西(大阪、京都、兵庫、奈良の2府2県)の20〜60代の主婦計5百人を対象に実施した冬の省エネに関する調査によると、エアコンの温度設定は全国平均22・6度。関東は「23度」が17・4%で最多。以下「24度」16・8%、「25度」15・8%。一方、関西は「20度」がトップで18・9%。「18度以下」の回答も関東が1・6%なのに対し、11・9%に上った。
 同社は「関西の主婦の方が我慢強さやウォームビズ意識が定着しているのではないか」と分析している。
2010.2.16 07:44 産経ニュースより転載 @ @
posted by からだなおし at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬場に血圧が急上昇! グーンと上がる危ない“瞬間”

寒い朝の駆け込み乗車も危ない。

寒い冬場は普段から血圧が高めになる。室内でも温度差が激しい“ヒヤッ”とする場面では、さらに血圧が急上昇。動脈硬化が進んでいる中高年は、それだけ脳卒中や心筋梗塞の危険が高まるのだ。血圧がグーンと上がる“その瞬間”に要注意だ。


【危ない『朝』の瞬間】

冬の血圧が高いのは、体の熱を逃がさないように血管が収縮するから。夏に比べて10−20(mmHg)高くなるといわれる。

そんなこの時期、最も注意したい時間帯は早朝から午前10時ごろまで。人の体は起床前から昼間の活動に備えて、交感神経が活発になるため自然と血圧上昇が起こるからだ。通常、心筋梗塞や脳卒中が午前中に多発するのは、その影響が強い。

「この一過性の血圧上昇を“モーニングサージ(自律神経の嵐)”という」と話すのは、循環器専門医「はとりクリニック」(川崎市)の羽鳥裕院長。とくに冬の危ない瞬間をこう指摘する。

「朝方、飛び起きて薄い服装のままトイレに行く。また出勤前、寒いトイレで長時間いきむと一層、血圧を急上昇させる」

危ない『夜』の瞬間】

冬は夜でも危険な場面がある。大半の人が帰宅してから入る入浴時だ。羽鳥院長は「暖房の利いている居間と暖房の利いていない脱衣所や廊下、浴室の温度差が激しい家ほど要注意」という。

「寒い脱衣所で服を脱ぐと寒さに反応して血圧が上がる。さらに寒い浴室から熱めの湯船に浸かると最初は血圧が急上昇する。体の深部が暖まってくれば次第に血圧は下がるが、また寒い脱衣所に出ると上昇する」

この一連の大きな血圧変動が脳卒中や心筋梗塞の引き金になりやすい。予防は浴槽のふたを事前に開けておくなど、脱衣所や浴室を暖める工夫をすること。入るときの湯温は熱過ぎない40度前後が理想、ぬるければ追いだきすることだ。

【朝の夫婦喧嘩は命取り】

国内外の報告によると、曜日の違いでも脳卒中や心筋梗塞の発症が増えることが分かっている。これもモーニングサージの血圧上昇の違い。最も危ないのは、新しい週が始まり仕事へのプレッシャーを感じる“月曜日”だ。

「血圧変動は生活リズムが変わるときに要注意。月曜日だけでなく、異動など職場の働き方が変わったときも血圧は上がりやすい」(羽鳥院長)

そんなモーニングサージがピークに達する月曜日、しかも寒風の朝。ささいなことで、もし妻と喧嘩が勃発したら…。

「もちろん血圧が上がるので危ない。高血圧など生活習慣病をもつ人は駆け込み乗車など避け、朝は時間の余裕をもっておだやかに出勤するべきです」と羽鳥院長。

気づいていない人が多い危ない血圧変動。冬場の血圧管理は重要だ。

2010.02.10zakzakより転載 @ @
posted by からだなおし at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧症は

日医ニュース目次 第1103号(平成19年8月20日)

「新しい医学の進歩」〜日本医学会分科会 より転載

40
日本人を対象とした大規模介入 臨床試験のエビデンス発表
〈日本高血圧学会〉

 高血圧症は,日本人三千五百万人以上が罹患する生活習慣病中最多の疾患である.降圧薬治療による心血管系疾患の抑制効果が証明されているが,日本人でのエビデンスは少ない.薬物への反応性には人種差があり,また,日本人では西欧人に比べ脳卒中が多く,心筋梗塞が少ないという特徴があるので,日本人対象の試験が必要である.
 昨年,「高血圧制圧のための世界的戦略 福岡宣言(URL http://www.congre.co.jp/ish2006/参照)」を行った第二十一回国際高血圧学会で,会場から溢れるほどの注目を集めるなか,わが国における降圧薬の無作為化大規模介入臨床試験結果が発表された.(一)CASE-J,(二)JATOS,(三)JIKEI HEART Study─などである.
 CASE-Jは,ハイリスク高血圧患者(年齢平均六十四歳)四千七百二十八人を対象にARB(カンデサルタン)とCa拮抗薬(アムロジピン)の効果を直接比較した.両群とも134/76mmHgと良好に降圧された結果,一次エンドポイント(心血管系疾患の発症率)に差を認めなかった.
 一方,サブ解析の結果,ARBはCa拮抗薬に比べ,(1)腎機能低下例において腎機能の悪化を抑制し,(2)肥満患者の死亡率を抑制し,(3)心肥大退縮効果に優れ,(4)糖尿病の発症を抑制した.
 JATOSは,高齢者高血圧症の降圧目標値を明らかにするために行われた.年齢平均七十四歳,血圧平均172/89mmHgの四千四百十八人を対象に, Ca拮抗薬(エホニジピン)を基礎薬とした二年間の治療効果をSBP<140mmHg群(136/75mmHg)と140─159mmHg群(146/78mmHg)の二群で比較した.その結果,第一次評価項目の脳心血管疾患および腎機能障害の発症率とそれによる死亡率には,両群間で差を認めなかった.試験期間が二年間と短かったことが結果に影響した可能性は否定し得ない.
 イベント発症に対する背景因子をロジスティック回帰分析すると,約10mmHgの降圧差よりも,脳心血管障害や腎障害,心疾患といった他の合併症,年齢,性がイベント発症に強く関与することが明らかとなった.さらに140/90mmHg未満までの降圧の安全性が確認された.
 JIKEI HEART Studyは,高血圧,冠動脈疾患,心不全,またはこれらの合併のため,従来の降圧治療を実施中の患者(年齢平均六十五歳)三千八十一例を対象にARB (バルサルタン)追加群とARB以外の降圧薬追加群とで比較した.平均追跡三・一年後に一次エンドポイント(特に脳卒中,狭心症,心不全)の発症が,非 ARB群と比較し,ARB群で有意に少なかった.血圧は両群とも132/77mmHgまで低下していたことから,上記の有意差は血圧値以外の因子によるものと考えられた.
 以上の試験によって,(1)心血管疾患発症抑制のための降圧そのものの重要性(2)合併疾患による使用降圧薬の使い分け(3)高齢者での降圧および合併症等の包括的な管理の重要性―などが示唆された.今後,日本人を対象としたエビデンスのさらなる蓄積が期待される.

【参考】
一,Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan.
二,The Japanese Trial to Assess Optimal Systolic Blood Pressure in Elderly Hypertensive Patients.
三,Japanese Investigation of Kinetic Evaluation In Hypertensive Event And Remodeling Treatment Study (Lancet 2007; 369: 1431-1439).

(日本高血圧学会理事・横浜市立大学大学院医学研究科病態制御内科学教授 梅村 敏)

タグ:高血圧症は
@ @
posted by からだなおし at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。