カスタム検索

口臭の原因をつきとめよう

お友達との楽しいおしゃべりの時など、
誰もが一度は気になったことがあるのではないでしょうか? 
それは、自分や、他人の口臭です。
今回は、口臭についての正しく知識をお伝えしましょう。

相手の口臭はかなり指摘しづらいものです。
また、
自分の口臭があるのではないかと不安になることもあると思います。

実は口臭は誰にでもあるものです。
起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。
要はにおいの強さが問題なのであって、
他人が不快を感じるレベル以下であれば良いわけです。

口臭の原因や種類は、さまざま。大きく分けると、
(1)飲食物や嗜好品による口臭、
(2)生理的口臭、
(3)病的口臭に分けられます。
その中でも、病的口臭が問題にです。
病的口臭は口腔内で発生する、歯周病、虫歯、プラーク、歯石、舌苔(ぜったい)、口腔がんなどによるものが、9割以上を占めます。

口腔内の細菌は、古くなって剥がれた粘膜や血液成分、
細菌の死骸などを分解して、
揮発性硫黄化物を作ります。
主なものとして、
硫化水素、
メチルメルカプタン、
ジメチルサルファイドの
3つのガスがあり、それぞれ特有の臭いがあります。

口臭は、これらのガスが混ざり合っていることが多く、
次のような大変不快なにおいになることがあります。

硫化水素…卵の腐ったような臭い

メチルメルカプタン…血生臭い魚や野菜が腐ったような臭い

ジメチルサルファイド…生ごみのような臭い

予防には口腔内を清潔にすることが一番です。

磨いているけど、磨けてない」という状態になっていませんか?

毎日磨いてもプラークが口腔内に残っていると口臭の原因になります。

舌を磨いたことはありますか? 
鏡に向かって舌を出してチェックしてみましょう。

白色や淡黄色の苔のようなものがついていませんか? 
この苔のようなものが、舌苔です。

舌苔は細菌や剥がれた粘膜、食べカスなどからつくられていて、
歯に付着するプラーク同様、揮発性硫黄化合物を発生させ、
口臭の原因となります。

舌苔は、
専用の舌ブラシや柔らかい歯ブラシで磨いて取り除く必要があります。

プラークの付着は歯や舌だけではありません。
入れ歯にもプラークは付着します。
お口の中に入れ歯を着けっぱなしでブラッシングするのではなく、
入れ歯をはずしてブラシですみずみまで磨きましょう。
入れ歯専用のブラシを使ったり、
洗浄剤を使ったりするとより効果的です。

お口のお手入れをしっかり行っていても、
歯周病や虫歯があると口臭を除くことが困難です。
歯周病や虫歯は早めに歯科医院に行って治療を受けましょう。

よりお口の中をきれいに保てるように、
定期的に歯科検診を受けることが大切ですよ。


■ささざわ・まゆこ  歯科医師。横浜市出身。35歳。桐朋学園大音楽学部演奏学科声楽専攻卒業後、日本歯科大新潟歯学部を経て、2009年まで 日本歯科大学新潟病院総合診療科勤務。現在、ささざわ歯科医院(群馬県高崎市)副院長。日本歯科審美学会会員。現役女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

【女医ドル リレーコラム】歯科医・笹澤麻由子先生
2010.02.24ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健口体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤嚥予防に「健口体操」   筋カアップ、唾液分泌促す

 
お年寄りの死因の一位を占めるのが肺炎だが,
その大きな原因の一つが食べ物座を気管にのみ込む誤嚥。
「食事のときにむせやすいと感じる人は、

『健口体操』で口周辺の筋力低下を防いで」と、
鶴見大学歯学部(神奈川県)の阿部買准教授は勧める。
誤嚥は、物をのみ込む際に関係する首や口周辺の筋力の低下、
唾液分泌量の減少によって起こる。これらの低下を防ぐのが

「健口体操」。
阿部准教授が勧める口の運動は、次のようなものだ。
 
@口を閉じたままはおを膨らませたり緩めたりする

A口を大きく開けて舌を出したり引っ込めたりする

B舌を思い切り出して左右の口角(口の端)と上下の口の周りに触れる

C舌の運動を、口を閉じたまま行う

D絡んだたんを吐き出すときのように音を発して強く息を吐き出す

Eパパパ、タタタ、カカカ、ラララと発音する。
一方、唾液の分泌を良くするには、耳下腺、顎下腺、舌下腺という
三つの唾液腺のマッサージが効果的だ。

耳下腺では耳の前方に沿ったほお骨の下を親指の付け根で
ゆっくりと強く押す。

顎下腺は、下あごの両側を指でゆっくりと強く押す。 

舌下腺は、下あごの中央を指でゆっくりと強く押す。
  
「少し痛みを感じる程度に、五秒間ぐらい押すと効果的です。
分泌した唾液は、意識してごくんとのみ込んでください」。

唾液は、三十秒間に二回以上のみ込める量があるのが適正という。

茨城新聞2009年4月12日より転載
@ @
posted by からだなおし at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健口体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。