カスタム検索

腰痛や肩こりに効果的な入浴中のストレッチ


ウォーキングは腰痛の予防や緩和、肩こりの解消などにも効果的な運動です。正しい姿勢を心がけ、しっかりからだを動かしましょう! 腰痛や肩こりが気になる時は、ウォーキングと併せて入浴時にストレッチを取り入れるのもお勧めです。

今回は、入浴中にできる腰痛・肩こりに効果的なストレッチをご紹介します。
浮力を使ってストレッチ
腰や肩などが極度に疲労していたり、すでに痛みがあったりする場合、普通にストレッチを行うのはなかなか大変なもの。そんな時こそ、入浴中のストレッチが効果的です。

入浴には温めることで血行を促進したり、運動や気温、ストレスなどによって固くなった筋肉をほぐしたりと様々なメリットがあります。浮力もそのひとつ。湯船の中にからだを沈めると、水の浮力によってからだが軽くなるため、腰や肩などをひねったり、伸ばしたりする動きもラクにできるようになります。

入浴タイムは、温熱効果や水の浮力などを上手に利用してストレッチを行うことで、それぞれの相乗効果が期待できる、お勧めの時間なのです。
腰痛・肩こりに効果的な入浴中のストレッチ
湯船でからだを十分に温めてから、ストレッチを行いましょう。ストレッチを行う際は、基本として「息を止めず、自然な呼吸に合わせて動く」ことを意識してください。また、無理は禁物です。痛みが激しく、湯船の中でも強い痛みを感じるような場合には、専門の医師に相談の上、行うようにしてください。

<腰痛に効果的なストレッチ>
1) 尻をつき、ヒザは軽く曲がっている程度に足を伸ばして、湯船に浸かります。
2) 上半身を左側にゆっくりとひねっていき、両手で湯船の縁をつかみます。この状態で腰がじんわりと伸びるのをイメージしながら、しばらく静止します。(10〜15秒程度)
3) 2) と同様に、上半身を右側にひねり静止します。(10〜15秒程度)
4) 左右の手で湯船の両縁をそれぞれつかみ、背筋は伸ばして頭を少し後ろに持っていくようなイメージで、腰を反らします。この姿勢のまま腹筋を使って、お腹をふくらませたり、へこませたりしながらゆっくり数回深呼吸すると、より効果的です。気持ち良いと感じる程度で続けてください。
5) 最後に、左右の手で湯船の両縁を持ったまま、両足のヒザを伸ばして、つま先も下に倒して足をぐっと伸ばします。それと同時に、浮力を利用して尻を湯船から離し、腰を持ち上げるようにして伸ばします。手が滑らないように気をつけて行いましょう。腰を伸ばした状態で、しばらく静止します。(10〜15秒程度)

<肩こりに効果的なストレッチ>
1) 湯船に浸かります。背中は湯船の壁につけず、ラクな姿勢で座り、背筋を力まない程度に伸ばしてください。
2) 1) の姿勢のまま、頭を前後にゆっくりと倒して首を動かします。(前後に4回程度)
3) 頭を左右にゆっくりと倒して、首の両脇をじっくりと伸ばします。(左右に4回程度)
4) 頭をゆっくりと左に回転させます。なるべく大きな円を描くイメージで、首が伸びていることを感じながらゆっくりと行ってください。同様に右回転も行います。(左に2回転、右に2回転を1セットで2セット程度)
5) 左腕を伸ばして、右ひじを左腕にかけるようにして曲げ、左腕を胸の前から右肩の方へぐっと引き寄せます。左肩が伸びていることを意識しながら、しばらく静止します。(3〜5秒程度)
6) 右肩も5) と同様に、左ひじを右腕にかけるようにして曲げて、左肩の方へぐっと引き寄せるようにして伸ばします。(3〜5秒程度)
7) 5) と6) の動作を1セットとし、3セットほど交互に行います。
8) 両手を下げてまっすぐ前を向いた姿勢になり、手は下げたまま両肩を上げ下げします。肩を下げる時は腕の重さを利用して「ストン」と落とすイメージで行うと良いでしょう。(肩の上下5回程度)
9) 最後に、左手で握りこぶしをつくり、右肩を5回程度たたきます。左肩も同様に、右手で5回程度たたきます。
腰痛・肩こりがある場合のストレッチ注意点
湯船の中ではからだを動かしやすく、つい大きくひねりすぎたり、力を加えすぎたりする場合があるので、力の加減には注意が必要です。

腰などをひねっていく際、痛みを感じたらその部分で動きを止め、無理にそれ以上ひねらないようにしてください。

入浴中のストレッチで腰や肩の固くなった筋肉をほぐし、心身ともにリラックスしましょう!

※入浴中のストレッチは、滑りやすいので十分注意して行って下さい。

walking-style.comより転載
詳しくは
http://www.walking-style.com/academy/study/013/effectbath_strech.php#pagetop

@ @
posted by からだなおし at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な腰痛 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついその方の後ろ姿に見とれてしまいます

j0409756.jpg

職業上つい、人の歩く姿に気をとられます、
健康に歩いてる方の姿、
どなたも思うこと同じですね。
ついその方の後ろ姿に見とれてしまいます。

何故なんだろうか?
簡単な違いがありました。
歩くラインが一直線の方。。。。これでした (^−^*)♪

歩く足の幅が広がるにつき腰痛、肩こり、頭痛、になりやすくなります。
足幅が広がるにつれて疲れるあるきになるんですね、
素敵な歩きはライン一本の歩きのようです。
私も意識して気をつけてます (^−^*)♪ @ @
posted by からだなおし at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な腰痛 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

握り拳で左右の大腿部を満遍なく叩く

簡単に出来、腰痛,膝痛に効果のある方法をお教えします。
いすに座り自分の握り拳で左右の大腿部を満遍なく、
100回くらい軽くたたいてください。
そうすると腰や脚全体がとてもがかるくなります。
毎日TVでも見ながらおこなつてください (^−^*)♪ @ @
posted by からだなおし at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な腰痛 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木槌で足の裏側を満遍なく軽く叩いてると

昔からジャリ道を裸足で歩け!
よくいわれてますね、
これも健康法の一つですが。
暖かい部屋で簡単に同じような効果がだせるんです、
それは椅子に腰掛けて片方の足を大腿部に乗せ
木のトンカチで足の裏側を満遍なく軽く叩いてると
ポカポカします足全体の血液の流れが促進され腰痛等
軽くなります、毎日つずけてみてください (^−^*)♪ @ @
posted by からだなおし at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な腰痛 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円歩き健康法

美しい歩き、
バランスのとれた姿勢、
本当に見てて気持ちのよいものですね。
この状態では腰痛、膝痛、頭痛、肩こりの影響はすくないはずです。
この歩きを室内で出来るのが円歩き健康法で、
とてもてがるです。約直径一Mくらいの円を作り、
円にそつて、そのうえを歩きます。
5〜20分くらいおこなうと暖かくなり、
運動不足が解消されてきて筋肉力の強化になります。
腰痛、膝痛、頭痛、肩こり等の症状がかるくなり、
毎日行うことにより体の安定感がまします  (^−^*)♪ @ @
posted by からだなおし at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単な腰痛 体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする