カスタム検索

腰痛はさほど強くないが歩きにくい

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゆうかんきょうさくしょう)
 
背骨には脳の続さとして首からおしりまで脊髄が通っていることは
皆さんよくご承知でしょう。


この脊髄が通っている管を脊柱管といいます。

このくだが腰の部分で何らかの原因により狭くなった状態が
脊柱管狭窄瘤です。


このことにより脊髄は圧迫をうけ、
そこからいろいろな症状が出てくるというわけです。


その原因としては、
前述した椎間板ヘルニアや辻り症、
あるいは外傷などがあげられよすが、
もっとも多いのが老化現象に伴うものです。


したがってこの病気の場合、
背骨には前述の変形性脊根瘤を合併していることが多いのです。


だから年齢的には四十歳以上の男性に多くみられ、
両側の太ももから足先にかけてしびれや冷え、
さらに痛みなどを訴えます。
 

そしてしばしば歩きにくいという
訴えもありますがこれには特徴があります。


つまりある一定の距離を歩くともうそれ以上歩けなくなりますが
少し休むと再び歩けるようになるのです。


これを間敵性肢行といいます。


症状としては前に述べた坐骨神経痛と同じですが
激しい痛みを訴える場合はあまりありません。


この間敵性肢行を示す病気にはもう一つ重要なものがあり、
これと区別する必要があります。


それはやはり男性に多く、
また年齢的にもよく似た病気で閉塞性動脈炎といいます。


これは足の動脈がどこかで詰まってしまい血のめぐりが
足先までいかなくなった状態です。


この血管が詰まる原因は血管の病気である動脈硬化
症であることが多いのです。


この二つの病気の区別は医師がしてくれるので、
是非診察を受けることをお勧めします。


治療としては軽いうちは理学療法や運動療法をしますが、
症状が進行してくる場合には手術により脊髄やそ
こから出る神経への圧迫を取ることを試みます。


いずれにしろ整形外科医とよく相談して下さい。



骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。

@ @
posted by からだなおし at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰の骨がずれている

脊椎分離症、辷り症

腰の骨の一部が欠けていて骨による連絡が失われている状態を
分離症といい,この部分でずれが起こって骨述移動している状態
を辷り症といいます。


原因として,以前は先天性という説誠大分ありました述,
今は思春期におけるスポーツのし過ぎで起こるのだろうと
いわれています。


病状としては腰の痛みとしては激しいものでなく,
どちらかというとだるい痛みや疲男程度です。


中年の男の入に多く,腰の下の方に起こります。


そこの部分を押すと痛みを訴え,もしすべりか生じるとそこの部分が
へこんでいるの誠わかることもあります。


椎間板ヘルニアにみられるような坐骨神経痛の症状はめったに
みられませんが,ひどい,
這り症が起っているとこの神経痛を訴える場合もあります。


しかし一般には腰の部分の慢性的不愉快鞍疲れや痛みです。


治療としては湿布や腰部のコルセット,
あるいは体操による筋力強化校どが考えられますが医師の
指導によって行うのがよいでしょう。


この脊椎分離症や,
這り症では激しい坐骨神経痛症状を生じない限り,
一般には背骨の手術が必要となることはありません。


特に中年以上で肉体労働を必要としない入達には,
まず手術の適応はありません。


筆者白身も相当重症なこの病気を持っていて,
某大学病院のトップ,つまり看護総婦長を長い間務めあげた
五十歳代の女性を知っていますし,
ある横綱はこの病気を持病としていたという話も聞いています。


ここで一寸コルセットのことに触れますが,
これには硬いもの(硬性)とやわらかいもの(軟性)述あります。


この病気では腰の部分にだけ巻きつける短い化学繊維や布地で
出来ている軟性コルセットで充分です。


骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。


@ @
posted by からだなおし at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老化による変形と関係のある腰痛

変形性脊椎症


ヒトは誰でも年をとると体の稼かのいろいろな組織が老化します。


背骨もまた例外ではありません。


骨と骨の間にある椎間板も老化してしぼんできて,
さらに骨白体もあちこち形か変ってきたり,
とげやくちばし状の骨が出てきたりします。


丁度老木でふしぶしが目立つようなものです。


しかしこちらは趣きがありむしろ好んで鑑賞されますが
変形性脊椎症ではそんなことは言っていられません。


腰痛の原因になることが多いのです。


患者さんは中年層から高齢層にかけてみられます。


特徴としては腰のみに限らず背中も同様の変化かあり,
腰背部痛としてあらわれてきます。


この腰の痛みは"寝腰"といって朝,
起床時に痛みを感じまた腰の屈伸が容易でないことを訴え,
起床して仕事に出ると案外よくなることが多いのです。


しかし進行すると椅子に腰掛けていても痛みます。


なお進めばあしがしびれるなどの坐骨神経症状が起こってくる
こともあります。


また注意しなくてはいけないのはレントゲン写真で背景に高度の
変形があっても痛みなどの症状がなければこの病気とはいえません。


ほかの病名を全部否定してさらにレントゲン像と痛みなどの症状が
一致して始めてこの病気といえるのです。


治療としては湿布剤による治療とか腰背部の筋力強化を
目的とした体操療法,さらに場合によっては仕事中のコルセットの
装着などが必要となります。


しかし症状述重い時には消炎鎮痛剤の内服もよいでしょう。


治療にもまして重要なのが予防で,
ふだんから腰や背中の筋肉を強化するなどの訓練をしておくことです。



骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。

@ @
posted by からだなおし at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎間板ヘルニア ”魔女の一撃やギックリ腰”

背骨のなかで腰の骨(腰椎)は一般に五個あります。
そしてその各々がこすれあったりぶつかり合わないように,
それぞれの間には椎間板といってクッションの役目を
するものがあります。


これは骨よりもやわらかくて弾力性斌あり,
外側は繊維が多く比較的硬めに出来ていますが内部には
髄核といって柔らかい組織があります。


そしてこの構造は厚い皮を持ち内部にあんこを含んだ
まんじゅうみたいなものを想像するとよいと思います。
この椎間板の一部が何かの拍子で破れると
そこから髄核つまりあんこがとび出して腰の神経を圧迫する,
このことにより腰痛や坐骨神経痛が起こるというわけです。


このように何かがとび出る状態をヘルニアというわけで,
よく聞く病名では子供の鼠蹊ヘルニアが有名です。
この椎間板ヘルニアがよく発生する腰の部分が
丁度坐骨神経痛を生ずるところと一致します。


この腰痛は通常洗顔とか物を持つために急激に腰を曲げるとか,
伸ばすとか一寸した動作で猛烈な腰痛を起こしてきます。


それは丁度魔女に腰を一撃されたかのごとく激しいので
「魔女の一撃」とか「ギックリ腰」などの名前がつけられています。


年齢的には二十〜五十歳代ぐらいの男性に多い傾向があり,
腰を曲げたまま伸ばすこと述出来ないほどの
高度の腰痛のほかに坐骨神経痛症状,
つまり太ももからあしの先にかけてのしびれや痛みが特徴です。


特に足の外側から背面にかけた部分が
しびれて触った感じが無いとか,
足の親指が上がりにくいなどの訴え渉多くみられます。


治療法としては消炎鎮痛剤などの内服薬のほか,
腰を引っぱる骨盤牽引,
さらに背髄周囲への薬液注入,
そしてコルセット療法などがあげられます。


とび出したヘルニアを手術的に除去する方法もあります
がこのようなケースはそれほど多いものではありません。


骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。



@ @
posted by からだなおし at 09:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療院を開業し以来、 来院の方で一番多いのが腰痛

治療院を開業し以来、
来院の方で一番多いのが腰痛の悩みなのです。

腰痛はたいへん辛いものですが、
多くの患者ざんにお話しをしいると、

なぜ腰痛になるのか?
あまりおわかりになりません。

そうですね原困なしに腰痛が起きることはありませんし、

腰痛とは、腰部のねんざ状態をいいます,

(足を捻挫した経験あると思いますが、
治るのに人により、半月、半年とかかります、
要するに筋肉が傷ついたため体重がかけられません)

腰痛は体への負担の積重ねで、
腰の筋肉が傷ついた状態」なのです。

普通腰痛の所にある筋肉は
背中の筋肉を脊柱起立筋)いいます。

脊柱起立筋とは背中側にある筋肉で
長く同じ姿勢してますと痛みを感じてきます。

腰痛を防止するには脊柱起立筋に負担をかけず、
疲れたら休ませることがだいじなんです。

ところで背中に疲れを重ねる
バランスの悪い姿勢とはどんな時でしょうか?

腰への負担度は,
バランス姿勢によって大きく違います。

座ってるとき,立ってるときと,を比べてみる

(立姿でいるときは体重の1.5倍の負荷がかかる)

(座姿でいるときは体重の2.0倍の負担がかかる)

と言われてます。


意外に思いわれますが、

背中(脊柱起立筋)は

立ち姿より座り姿の方が多く疲れます。


座ることは休んでると思いがちですが

足の疲れのことであり。


背中には大変に負担がかかるんです。

@ @
posted by からだなおし at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6割強が慢性疲労=腰痛、肩こり…


6割強が慢性疲労=腰痛、肩こり…人不足も深刻−介護現場を全国調査・日本医労連
 介護現場で働く人の6割強が慢性疲労を感じ、十分な福祉サービスが提供できていないと考える人の7割強が人員不足を理由に挙げていることが11日、病院や福祉施設などの職員らで構成する日本医療労働組合連合会(東京都台東区)の全国調査で分かった。
 調査は昨年12月中旬から3月上旬にかけ実施。調査票2万5000枚を送り、介護施設や養護施設などで働く職員らから6818枚の有効回答を得た。回答者は女性が約8割、ヘルパーなどの介護職が約6割、看護職が2割弱などだった。
 その結果、「健康の不安」を感じる人が過半数を占め、特に「疲れが翌日に残る」(43.2%)と「休日でも回復しない」(18.1%)を足した6割強が慢性疲労を訴えた。具体的な体調不良は、複数回答で腰痛(53.9%)、肩凝り(51.1%)、手荒れ(40.8%)などだった。
 
 時事ドットコム2008/05/11-14:40より転載 @ @
posted by からだなおし at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再入幕の霜鳳、腰を痛め休場

大相撲の西前頭14枚目、霜鳳(29)=本名霜鳥典雄、新潟県出身、時津風部屋=が初場所2日目の14日、 「腰椎椎間板ヘルニアで10日間の安静を要する見込み」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した。 今場所が再入幕の霜鳳の休場は昨年夏場所以来で5度目。

 腰痛の持病がある霜鳳は、高見盛に寄り切りで勝った初日の1番で負傷。霜鳳の2日目の対戦相手、嘉風は不戦勝。〔共同〕

Nikkei Digital Media(1/13)転載

@ @
posted by からだなおし at 13:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛で授賞式欠席

ノーベル文学賞受賞のレッシングさん、腰痛で授賞式欠席

 スウェーデンのノーベル財団は28日、今年10月にノーベル文学賞を受賞したイギリスの女性作家ドリス・レッシングさん(88)が、健康上の理由で来月10日の授賞式に欠席する、と発表した。

 同財団は「彼女はひどい腰痛で、医師からストックホルムへの旅行を止められた」と説明した。レッシングさんはノーベル文学賞では過去最高齢となっている。

asahi.com 2007年11月29日09時36分 より転載
@ @
posted by からだなおし at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏場に古傷の腰痛を乗り越えた上に



栗原ガツン!自己新21号逆転2ラン

五回、栗原は中越えに逆転の2ランを放つ=広島

 広島・栗原健太内野手(25)が逆転弾で8日の横浜戦を決めた。四回まで無安打に抑えられていた横浜・山口から中越えの逆転21号2ランを放った。昨年の20本塁打を超え、シーズン自己最多となる一発だった。夏場に古傷の腰痛を乗り越えた上に、1週間前の中日3連戦から“すり足打法”に変えての快打に手応えを感じていた。

 充実したシーズンにするためにも、乗り越えたい数字だった。栗原は横浜のプロ2年目・山口に一撃を加えた。

 四回までチームは若き右腕からヒットを1本も打てなかった。五回に前田智がチーム初安打となる右前打を放ってからムードが一変する。

 そんな空気を呼び込んだのが栗原だった。カウント1-1から失投を逃さなかった。真ん中へ入った直球を上空へ打ち上げた。大きな飛球がバックスクリーン右へ入るのを見て、笑顔でゆっくりと巨体を進めた。逆転となる21号2ランだ。

 昨年の20本塁打を超える自己新だった。「そこまで意識はしていなかったですけど」と苦笑いしながらも「そうですね。意味はありますよね」と、言葉をかみしめながら話した。

 1年前の同時期にはベンチにいなかった。腰痛のために8月上旬に離脱。月末に椎間板(ついかんばん)ヘルニアの手術を受けて病室での生活を送っていた。「あのまま試合に出続けていれば…」という苦い思いを抱えながらオフシーズンを送ってきた。

 今でも腰への不安を抱えている。夏場に痛み、疲れが出たこともあった。「再発の不安はある。夜中でもストレッチを続けることもあった。トレーナーの人たちと乗り越えられた」。試合に影響を及ぼさないように、日ごろから努力を重ねてきた結果でもある。

 今季最大の目標は全試合に出場することだ。121試合までは順調に消化してきた。残された23試合を休むつもりはない。「これからが長いのでいつも通りにやっていきたい」と意気込む。

 ただ出場するだけではない。満足のできる内容を求めて、日々まい進している。打撃でも8月末から“すり足”にした。「(1週間前の)中日戦から継続しています。特に今はいい感じできている」と納得できる状態を実感できるようになった。

 この日は4打数2安打2打点。打率・302でチーム唯一の3割をキープしている。昨年の大きなケガを乗り越えてきた。納得できるシーズンにするために、栗原のモチベーションが下がることはない。

デイリースポーツ 2007/09/10より転載
@ @
posted by からだなおし at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大関琴光喜夏場所がぎっくり腰、名古屋場所は左足甲のねんざ。それでいて12勝、13勝の好成績


中日スポーツ 2007年9月8日 転載

琴光喜、新大関Vへ迷いなし 大相撲秋場所 あす初日


師匠の佐渡ケ嶽親方のアドバイスを聞く新大関琴光喜=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で
写真

 新大関Vを目指す琴光喜=愛知県岡崎市出身、佐渡ケ嶽部屋=が7日、場所前のけいこを打ち上げた。この日、日本相撲協会から、初日が栃乃洋、2日目は豊真将と取組が発表されたが、いつもと同じで「相手の名前は聞きたくない」と“拒否”した。この琴光喜を一番気にしているという横綱白鵬は初日は安馬、2日目が時天空と決まった。協会の看板の2人が場所を盛り上げていく。

 琴光喜はこの日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で軽いけいこを行った。幕下の琴禮と11番だけ取ったが、立ち合い一気の速攻に磨きをかけていた。「順調です。思い通りのけいこができた」。その表情には満足感が漂う。

 報道陣に「相手の名前は言わないで」と哀願したが、これは恒例のこと。「場所モードになるのは土曜日の夜。少しでも相撲のことを考えたくないから」。もっとも、初日の栃乃洋は14勝6敗、2日目の豊真将は3勝1敗と相性がいい。「序盤が大事」という琴光喜には恵まれた相手だ。

 琴光喜はこの2場所、けがに見舞われた。夏場所がぎっくり腰、名古屋場所は左足甲のねんざ。それでいて12勝、13勝の好成績で、悲願の大関に昇進できた。3場所ぶりにけがなく場所に入るが「でも分からないよ。あんまり調子がいいとね」と手綱を締める。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は言う。「迷いなく、前へ出ている。(弟弟子の)琴奨菊が話していたけど、今までより当たりが全然違います、と。楽しみだね」
◆“看板の証” 琴光喜弁当も発売

 この秋場所から両国国技館で「琴光喜弁当」(1050円)が販売される。これまで横綱、大関と人気者・高見盛の6人の弁当があるが、協会の看板力士になった琴光喜も加わる。八丁みそカツ、手羽先、エビフライと郷土の特産に、鶏肉を使ったそぼろご飯という内容。試食した琴光喜は「名古屋らしいでしょ。おいしいですよ」とPRしていた。

 今場所は27連敗中の朝青龍がいないのは追い風。過去に白鵬ら8人しかいない新大関優勝のチャンスだ。 @ @
posted by からだなおし at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝青龍が治療する関節痛、腰痛治療とは

朝青龍が治療する「モンゴル“泥療法”本当の効き目」
2007年09月08日10時00分 ライブドア-スポ−ツ転載

 朝青龍がモンゴルに帰国して1週間が過ぎたが、いまだ親族が経営するリゾート施設「ドリームランド」に閉じこもったまま。それでヒマを持て余した報道陣が注目し、さかんに報じているのが、朝青龍が腰とひじの治療を受ける温泉保養地ホジルトの「泥療法」だ。

 温かい泥を患部に塗布するモンゴルの伝統的な治療法で、朝青龍のほか、モンゴル相撲の力士やアマレスなど国内のアスリートも多く利用しているという。ここで治療した9割近い人が回復し、杖をつかないと歩けない人が、杖なしで歩けるようにもなったとか。実際に体験した高砂親方は「私もツルツルになった」と言っていた。

「温泉地から採取した鉄分の多い40度の泥を患部に薄く塗り、毛布で15分ほどくるみます。湯治とセットで、ナトリウムや硫黄、カリウムなどを含んだ温泉に半身浴でつかる。これを1〜3週間続けます」(現地関係者)

 関節炎や骨折ばかりか、心にも効くというからスゴいが、日本でも体験できる温泉地はあるのか。全国3200カ所以上の温泉に入った旅行作家の野口冬人氏が言う。

「日本には同じような泥療法はありません。日本の場合は泥の湯船につかる『泥湯』スタイルです。有名なのは秋田の後生掛温泉、別府の紺屋地獄の湯など。鹿児島の指宿温泉に代表される砂風呂も近いかもしれません。血行が良くなることで関節痛や神経痛、リウマチなどに効くのは同じです。モンゴル式の場合、半身浴と泥パックを組み合わせて患部の保温効果を高めているのかもしれないが、日本人がモンゴルで泥療法を受けたからといって効果は期待できません。日本人には慣れ親しんだ湯治の方が心身ともに効くはずです」

 朝青龍も施設に引きこもっていないで、さっさと故郷の泥療法で心と体を治療したらどうか。

@ @
posted by からだなおし at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛やひざ痛を患う高齢者が介護状態になることを防ぐ

厚労省、腰痛やひざ痛を患う高齢者高齢者の「介護予防」強化へ

 厚生労働省は24日までに、腰痛やひざ痛を患う高齢者が介護状態になることを防ぐ大規模な研究を来年度から始める方針を固めた。高齢者向けの予防マニュアルも作成し、全国の自治体に配布する。疾患を持つ高齢者の介護予防を強化し、現在高齢者の7人に1人を占める要介護者の割合を、2014年までに10人に1人にすることを目指す。

 新たな研究は、国民が健康に過ごせる期間を延ばすための具体策を盛り込んだ政府の「新健康フロンティア戦略」の一環。現在、年間約2億円の科学研究費補助金(科研費)が投じられているが、来年度は予算を大幅に増やし、5年以内に研究成果を出す方針。(18:16)  NIKKEI NET転載 @ @
posted by からだなおし at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3週前のサン・クロレラではぎっくり腰で初の棄権の すし石垣がVへジャンプアップ6位


国内男子ゴルフ「KBCオーガスタ」第2日(24日、福岡県志摩町・芥屋GC=7142ヤード、パー71)、すし石垣(33)=ゴルフパートナー=が5アンダー、通算7アンダーで28位から6位にジャンプアップ。悲願の初優勝に望みをつないだ。首位は2日連続7アンダー、通算14アンダーの宮本勝昌(34)=ハートンホテル。エージシュートの期待がかかった杉原輝雄(70)=ヒグチ歯科グループ=は後半崩れ、通算10オーバー、137位で予選落ちとなった。

 石垣の周りに人垣。すしがホールアウトすれば、いつもこうなる。ファンありきのパフォーマンスに加えて、5アンダーとプレーでも魅了。しかもぎっくり腰に酔拳と、地図の読み間違えという、わけの分からないキーワードが好プレーの引き金となるのだから、目が離せない。

 連続ボギースタート。理由ははっきりしていた。コース図に書き入れた風向きの矢印が反対だったのだ。「おっかしいな〜」と思いながら「5番のティーショットを打って、やっと気づきましたよ」。ここから怒とうの4連続バーディーだが「疲れるから」不必要に腰に力を入れる“すしダンス”は控えめだった。

 心身ともに面倒を見てもらっているトレーナーの存在が大きい。前々週、すべてを前向きに、達観したゴルフスタイルを手に入れるべく、大ジョッキ3杯、梅酒ロック5杯、白ワイン3杯で泥酔しながらの練習ラウンドを命じられた。「頭がぼーっとした感じが(猛暑の)今日と同じぐらいでしたね。役立ちました」と胸を張った。

 3週前のサン・クロレラではぎっくり腰で初の棄権。これも「オレ、ゴルフやりたかった、という気持ちを思い出させてくれた。感謝ですよ」とすし。今も痛むが、痛みを感じるたびに「ぎっくり腰さん、ありがとう」と念じながらの前向きプレー。何もかもを味方につける。すしが、決勝ラウンドも妙なテンションで突っ走る。

デイリースポーツ8月27日 より転載 @ @
posted by からだなおし at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気合は入り、体(腰痛)も整えながら

福嶋の大会制覇に対する貪欲(どんよく)さは尋常ではなかった。「今年は何が何でも勝ちたかったし、ここを目標に調整してきました」。勝ったから言うのではない。勝たなければいけない、大会ホステスのプライドが福嶋を突き動かしていた。

 今回が4度目の大会優勝だが、前回Vから丸3年の空白がある。「しばらく勝っていなかったし、ポーラ(クリーマー)にも勝たれた(05年)し…」今ではクリーマーのキャップにはスポンサー契約を結ぶ“NEC”の文字が入っている。

 気合は入り、体(腰痛)も整えながら、ゴルフの内容が伴わず、弱気になった福嶋に、9日のプロアマ戦で「信念を持ってやれば勝てる」と逆に励ましてくれたNEC・矢野薫社長ら関係者の人たちのためにも-と、初日から66、66とエンジン全開でぶっ飛ばした。

 腰痛はこの3カ月、ゴムチューブを使ったストレッチ運動などで快方に向かい、飛距離という最大の武器も取り戻した。509ヤードの9番ではクリーマーを80ヤードもオーバードライブした剛打から、5Iで2オンさせた。


デイリースポーツ 8月14日 @ @
posted by からだなおし at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛の不安のない喜びは腰痛に悩む者のもの!

腰痛の不安のない者には
腰部の大切さありがたさ等、
理解できません、
腰痛で本当に苦労をした者、
それが、
取れたときのあの喜び!  
嬉しさ!
言葉に表せません。



タグ:腰痛の不安
@ @
posted by からだなおし at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛とは

j0382995.jpg


腰痛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

腰痛の種類

腰痛には筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛がある。
筋肉を原因とした緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)は長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられ筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。筋肉などにストレスが掛けられることで、常に交感神経が優勢になり活発化し緊張を強いられた結果、余計な他の筋肉などに力が入る。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。
慢性型腰痛は、腰に日常的に継続した鈍い痛みのあるものである。
尿路結石による痛みを腰痛と勘違いすることがある。
[編集]腰痛の起きやすい生活習慣

同じ姿勢を取る時間が長い
一日のうち長時間(2〜3時間)車などを運転する
一日のうち座っている時間が長い
脚を組んで椅子に座るクセがある
姿勢が悪く片方の肩だけが肩コリがする
足に合わない靴を無理をして履いている
運動不足である(腹筋が弱すぎる、腹筋に比べて背筋が弱い)
過度の運動(腰椎分離症になる恐れがある)
などが考えられる。
[編集]急な腰痛への対処

ぎっくり腰のような急に激しい痛みがきたときの対処法として、最初に患部を冷やすことが肝心である。これは他の急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ・疼痛)を出来るだけ小さくするための処置であるので、可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ない。急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の復帰も早い。腹圧を上げる為のコルセット着用も効果的である。
また、下肢の痺れ・感覚鈍麻・歩行困難等が顕れるような場合は、椎間板ヘルニア等の恐れもある為に病院の診察が必要である。 。
[編集]運動による腰痛予防法

上記で書いたように筋肉が原因の緊張製腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えることにより予防を見込める。 長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましい。
体の前屈
これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになる。できる範囲での前屈で良いが、膝は曲げないこと。
背筋の訓練
両手で両膝を抱え、できるだけ胸に引き付ける。足先を開いたほうが楽にできるはず。引き付けは無理のない範囲で。
腹筋訓練
上半身を起こす運動だが膝を曲げて行うのがポイント。足先を固定しても構わない。腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。
背筋の強化運動
うつ伏せから上半身を起こして胸を反らせる。既に腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。
[編集]労働問題としての腰痛

[編集]原因
建築現場・工場・倉庫・空港・港湾・物流関連など、重いものを扱う業務では、腰痛による労働災害が発生する危険性が非常に高く、またこれを原因とした退職者も見られる。
期間を区切って採用する期間工・派遣社員・委託社員などを、このような重労働にあてる傾向があり労働災害発生のリスクを高めている。
リストラ目的や労働組合活動への制裁的人事として、このような重労働を任命する可能性がある。そもそも現業活動には十分な訓練や修練、熟練、肉体的な素養や年齢などの条件が求められる事が多く、本来必要な業務命令を逸脱した配置転換の場合はパワーハラスメントや不当労働行為に該当する可能性がある。
[編集]当日以降の対応
病院へ - 体調に異変を生じ次第(どんなにつらくても当日中に)、整形外科の労災指定病院へ行き、労災と明確にした上で診断を受けることが推奨される。激痛のために家から整形外科へ出かけることができないことが多いので、当日中に自宅への帰りに、病院で診断を受けることが推奨される。激痛のために医者を探すどころではなくなることも多いので、あらかじめ勤務地近くの労災指定病院を調べておくことが推奨される。在職中に一度でも診療を受けた実績がなければ、障害年金は申請することができないので、注意が必要である。
現場の状況 - 危険性を明らかにするために、現場の写真を撮って、労働基準監督局へ持参して認められたケースもある。
[編集]最終的な対応
労働災害として労災申請 - 前任者や同じような業務を行う周囲の人々が労災申請して認められている場合は、比較的スムーズに承認される。
障害が残った場合、障害年金を申請 - 退職後も、症状が固まり次第申請可能。
損害賠償請求 - 雇用者側の不法行為を裁判において立証する必要がある。判例あり(大阪地方裁判所 昭和49年(ワ)第879号)。
腰痛は雇用の継続や再就職の困難をもたらす原因となる可能性が高く、収入の途絶など社会生活を営む上での重大な障害となる可能性が高い。また身体障害に関する社会福祉政策の対象として認定されるに至らないケースが大半であり、労働災害の認定がこの場合非常に重要となる。生活に困った場合は、居住地からの立ち退きを要求される前に、速やかに管轄の役所にて生活保護申請すべきである。生活保護申請においては、仕事を探す意欲があることやボランティアが一緒であることなどが、効果的な場合もある。
[編集]治療法

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
[編集]鍼灸による治療

腰痛は肩こりと並び、鍼灸治療により著効を表すことがある。腰部の腎兪穴、大腸兪穴、志室穴などの施術のほか、膝の後ろにある委中穴の鍼や、足の照海穴、さらに体調を整える目的で、背部や腹部の経穴を用いることがある。
健康保険による鍼灸治療が認められている。
[編集]参考文献

科学的根拠(Evidence Based Medicine;EBM)に基づいた腰痛診療のガイドラインの策定に関する研究厚生省科学研究(Minds医療情報サービス)
タグ:腰痛
@ @
posted by からだなおし at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛の種類

j0382995.jpg

腰痛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用


腰痛の種類

腰痛には筋肉由来の緊張製腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛がある。

筋肉を原因とした緊張製腰痛は長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスを強いられ筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛である。筋肉などにストレスが掛けられることで、常に交感神経が優勢になり活発化し緊張を強いられた結果、余計な他の筋肉などに力が入る。すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生する。

慢性型腰痛は、腰に日常的に継続した鈍い痛みのあるものである。


にほんブログ村 健康ブログへブログランキングに参加してます、よろしければボチツト!
タグ:腰痛の種類
@ @
posted by からだなおし at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛を悩む、姿勢が悪い人が目立ちます                

若い人の腰痛で悩む方が多く診えるようになりました。

座る姿勢が多くなり、姿勢の悪さ運動不足で体の筋肉が弱り、
体幹が弱く、骨盤が歪みやすく、腰痛になり、また、
スポーツで転倒したため、これも関節を歪ませる現因となり、
スノボーや、サ−ファ−等で腰を打ち、腰痛になり、
特にパソコンでのデスクワークをしていると、腰痛だけでなく、
眼の疲れ、肩こり、頭痛で悩むことが多くなります。
このように、眼の疲れ、肩こりが長く続くと、
筋肉がコリすぎて硬縮し、なかなかもとに戻りにくいです。

そのためで、姿勢の悪さ、骨盤が歪み、筋肉硬縮が重なり、
体が歪んだままかたまってしまいます(^▽^*)♪


にほんブログ村 健康ブログへブログランキングに参加してます、よろしければボチツト! @ @
posted by からだなおし at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クシャミをした瞬間、ギックリ腰に

風邪気味のときのギックリ腰

風邪のときに
くしゃみをすると、
ギックリ腰になりやすいです。


体がダルク、
腰部がなんとなくダルイく不調だったりのとき、
くしゃみにをしたときにギクッときておきる痛み。

これもギックリ腰です。
まさにくしゃみをした瞬間、
激痛が走ります。

くしゃみは、
一瞬にしてお腹に、力が入り、
腰の椎間板を痛めてしまうのです、

@ @
posted by からだなおし at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物を持ち上げようとしてギックリ腰に

物を持ち上げようとしてギックリ腰に、

物を持ち上げる時に、
ギックリ腰になることが多いですね。

よくこられる人に最も多いいのが、
物を取る時とか、
持ちあげようとしたときに、
ギクットなり、
動けない、というケースです。

持ち上げるものは大きさ関係なく、
持ち上げ動作の瞬間など様々で、
必ずしも重くて大きいものを持ち上げる場合に、
痛めるとはいえないようです。 @ @
posted by からだなおし at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何気ない動作でギックリ腰

ギックリ腰は、
若い人にもよく起こる腰痛ですね。

ギックリ腰は、
突然に起こる腰痛のことです。

歳を取り、
老化現象としても起きやすいですが、

腰に負担をかけてきた若い人にもよくおきて、
苦しめられてますね。

何気ない姿勢をとった瞬間に、
襲ってくる激痛。

その時は、

頭の中が真白で???

パニツクに陥いりやすいですね、
そうですね、
一瞬の出来事なのです。



-------------------------------------------------------- @ @
posted by からだなおし at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰がへんだなぁ〜

オ−イ あなた、こんな症状で悩んでない!!

年齢に関係なく特に、多くなつてきたように思えるんだ(TーT*)

最近体が重いなあ〜

朝おきずらいなあ〜

なんか腰が痛いなあ〜

最近、パソコンの使いすぎなのか背中も張るしなあ〜

肩こりもひどいしなあ〜

何かおかしいなあ〜

急いで歩こうとすると腰に引きつれ気味になるしなあ〜

体のバランスを崩し、心と体の調和がずれているかな、、、、。

http://grfxp714.boy.jp/
@ @
posted by からだなおし at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰椎すべり症について

たまに見られる方で脊椎すべり症(腰椎すべり症)の方がおりますが
まずお医者さんに行かれることをおすすめしてます。
脊椎すべり症(腰椎すべり症)の症状これ腰痛症のような鈍い痛みが
出ますが、激しい痛みは余りない。ときには下肢の痛みやしびれが
あります。

脊椎すべり症(腰椎すべり症)の原因
すべり症とは、椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態で、
脊椎分離や椎間板の老化などによって起こります。特によくがんばつて
無理して長い時間同じ姿勢で仕事をしてる方に出やすい。

腰椎分離すべり症
前屈位において、腰の突っ張り感やからだの不安定感などがあります。

腰椎変性すべり症
長時間立っていることなどで腰痛、臀部痛が増す。下肢にシビレが
出る事もありつらいです。

外傷性腰椎すべり症、外傷により骨折が生じ、前方へすべり出す。
病的脊椎すべり症、お医者でなければなおらないので病院に行く
ようお願いしてます。
@ @
posted by からだなおし at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛で検索したら

検索数 キーワード
100748 腰痛
24147 腰痛 治療
12033 腰痛 体操
5880 整形 外科 腰痛
5064 腰痛 病院
3628 腰痛 ベルト
2603 腰痛 ストレッチ
2595 腰痛 原因
2566 整体 腰痛
2554 肩こり 腰痛
2533 腰痛 予防
2447 腰痛 コルセット
2273 妊娠 初期 腰痛
2273 妊娠 腰痛
2159 腰痛 対策
1630 腰痛 体操 イラスト
1260 妊婦 腰痛
1188 腰痛 ぎっくり 腰
1166 腰痛 マッサージ
1100 腰痛 体操 方法
1043 腰痛 症状
1002 腰痛 予防 対策
945 腰痛 病気
874 腰痛 症
791 腰痛 名医
746 腰痛 クッション
744 腰痛 ヘルニア
743 腰痛 足 しびれ
700 腰痛 防止
695 腰痛 治 し 方
690 腰痛 予防 体操
688 妊娠 中 腰痛
611 腰痛 椅子
589 妊娠 兆候 腰痛
572 腰痛 治療法
568 産後 腰痛
565 腰痛 ツボ
555 腰痛 下腹部 痛
548 腰痛 町田
537 腰痛 薬
534 腰痛 腎臓
521 腰痛 改善
504 腰痛 すべり症
490 腰痛 運動
473 腰痛 治す
468 腰痛 ナビ
468 腰痛 腹痛
461 腰痛 肩こり
450 腰痛 解消
443 腰痛 バンド
441 腎臓 腰痛
439 腰痛 椎間板
431 腰痛 整体
419 腰痛 つぼ
415 腹痛 腰痛
408 腰痛 がん
387 腰痛 効く
385 腰痛 グッズ
382 腰痛 ベッド
382 腰痛 リハビリテーション
375 腰痛 しびれ
371 筋筋 膜 性 腰痛
367 腰痛 ブロック 注射
362 コルセット 腰痛
356 ヘルニア 腰痛
354 激しい 腰痛
348 腰痛 種類
341 右 腰痛
336 妊娠 初期 症状 腰痛
331 ゴルフ 腰痛
327 腰痛 大阪
326 子供 腰痛
322 腰痛 仙骨
322 腰痛 効く 温泉
317 腰痛 内臓
317 腰痛 布団
309 生理 腰痛
309 腰痛 整形 外科
308 生理 前 腰痛
307 腰痛 名古屋
304 腰痛 シップ
303 腰痛 手術
298 腰痛 東京
296 腰痛 サポーター
296 腰痛 怒り
289 腰痛 専門医
283 腰痛 レーザー 治療
275 腰痛 分離 症
271 スポーツ 腰痛
264 ヨガ 腰痛
263 腰痛 温泉
263 腰痛 湿布
259 下腹部 痛 腰痛
259 腰痛 いす
257 ベッド 腰痛
257 腰痛 内臓 疾患
253 生理 痛 腰痛
250 便秘 腰痛
249 腰痛 マットレス
247 腰痛 妊娠


@ @
posted by からだなおし at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康診断見てると、腰の痛みを、肩こりを、頭痛を、膝痛を、関節痛をかばいながら歩く

今年もまた来たか

何の不安も持たず会場に

しかしその場に入ると同年代の方の加齢状態を

見てると腰の痛みを、肩こりを、頭痛を、膝痛を、関節痛を

かばいながら歩く 膝をそう しきずるように 肩を下げながら

背中を丸めてるその姿 自分もそのように見えるんだ!!

イツキに年をとつた感じに襲われる やはり血圧検査で

高め なるほど正直に結果に出るな!!

パソコンで時間を取られ 食事も手抜き 

缶コ−ヒ−でと これではうなずける!!

心電図検査 何か病に犯されているかんじで自信なくなる 

親切な看護士さんで再度血圧を計り直し やはり同じ

もう一度 生活習慣を 見直し正さなきやと思いながら

会場をあとに 外の空気をすうと 

またいつもの元気が出てきた

今日は大変に反省をすることが出来 よかつたです。


御意見 質問などいただけたらうれしいです


<strong>ホ−ムペ−ジ>

ギックリ腰 肩 頭痛 膝痛 関節痛等健康整体〔水戸市東野町)
@ @
posted by からだなおし at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村の鎮守の神様,肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、関節痛等誰もいない!

村の鎮守の神様の今日はめでたいお祭り日。。。

あの唄のように太鼓 鉦の音

ドンドンタッツッタタ 聞こえてくる

あの幼い頃を 思いだす ナ− 

村杜日吉神社 近くで

東野町 祭りが 土曜日に行われ

見学してましたよ 櫓 そうそう 皆揃いのハピ−姿でね

ウン その華やかさに ついつい見とれちゃつた!!

老いも 若きも 心ひとつにし

たのしんでる姿 遠い 遠い あの時をダブラせ

ついその場に溶け込んでいる自分を 発見しました

なぜか 普段だつたら 刺されるのに

今夜は平気だ 蚊も 仕事を忘れ 

踊つているのかも 知れないな!!

生ビ−ルを飲んでると

オオ-花火があがつた!!

さすが村の鎮守の神様だ、肩こり、腰痛、膝痛、

頭痛、関節痛等の人、誰もいないや!




<strong>ホ−ムペ−ジ>

ギックリ腰 肩 頭痛 膝痛 関節痛等健康整体〔水戸市東野町)

 
@ @
posted by からだなおし at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛はほとんどの人が経験する

腰痛は、ほとんどの人が経験することが多いですね.

不用意に立ち上がったり、ものを取ろうとして痛める場合が

けっこうう多いです一般に見られる腰痛は、血行の悪さに起因し

ています。悪い姿勢や長いこと同じ姿勢だと、腰椎を支えている

筋肉の血行が妨げられ、腰痛を引き起こしやすくなります。

老化からくる腰痛に変形性脊椎症があります。これは老化に

ともなって骨が変形したために 起きます。腰椎を支える筋肉が

こわばり、動作の時に痛みを感じますが、身体を動かしていると

軽るくなるのがしかし、動かさないと再び痛みが出てきます。

決して無理をしないこと。ギックリ腰は、腰椎を支える筋肉や

靱帯がねじれたりして起こった痛みです。また、

重い物を急に持ち上げたときの圧力に椎間板が耐えられずに、

内部の髄核が飛び出して、神経を刺激することでも起こります。

これは激しい痛みのため、身体を動かすことが困難になります。

(こんなときはまずお医者さんにゆきましょう)

腰痛の予防は普段の 心がけがとても大切です。 
 



<strong>ホ−ムペ−ジ>

ギックリ腰 肩 頭痛 膝痛 関節痛等健康整体〔水戸市東野町)
@ @
posted by からだなおし at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。