カスタム検索

熱中症で3000人搬送 過去最多、記録的猛暑裏付け

2007年8月24日 夕刊 中日新聞転載

 記録的な猛暑が続く中、東京都や政令指定都市などで熱中症になり救急車で運ばれた患者の数が三千人を超え、調査を始めた二〇〇〇年以降、最多だったことが国立環境研究所・小野雅司総合影響評価研究室長らの調査で二十四日、分かった。

 小野室長は、地球温暖化の進行で二〇四〇年には都内だけで患者数が最大五千人に増えると予測しており、熱中症予防が温暖化対策の課題として浮上しそうだ。

 同室長は東京都とすべての政令市、同研究所と協力して熱中症対策に力を入れている滋賀県草津市について、救急車で運ばれる熱中症患者数を調査。二十三日までの報告者数は三千百四十二人で、二〇〇〇年以降で最も多かった昨年の二千九百十九人を超えた。今年から調査に参加した新潟、静岡、浜松の三市を除いても昨年より多かった。患者は例年九月にも出るため、数がさらに増え続けることは確実だ。

 熱中症患者は一日の最高気温が二八−三〇度を超えると出始め、三二−三四度を超えると急増するほか、暑さに慣れていない地域の人ほど低い気温で熱中症になりやすいことが過去の調査で分かった。

 東京都の搬送患者数は二十三日現在で八百九十二人。データを元に二〇四〇年の東京都の熱中症患者数を予測した場合、最高気温が三五度以上になる日が二十一日発生し、患者数は最大五千人になる恐れがあるという。

 小野室長は「暑い日には重症になりやすい独居老人の安否を確認する仕組みを作るなど、予報や予防策の充実が必要だ」としている。

 <熱中症> 高温の環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整がうまくできなくなって起きる体の不調。気温が高い日や湿度の高い日、風の弱い日に起きやすく、体温の上昇や頭痛、吐き気、めまいを伴い、死ぬこともある。屋内で安静にしていても発症することが多い。予防には、暑さを避ける、服装を工夫する、小まめに水分を補給することなどが重要。




タグ:熱中症
posted by からだなおし at 11:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年夏場熱疲労暑い環境の中で働いて脱水症で書倒れたごも、体温調節異常になるまで働きり身体を壊し仕事を辞めました。新幹線基地での新幹線の清掃です。仕事は辞めましたが、倦怠感頭痛動悸、体温調節異常の体調不良が続き、胃潰瘍、三叉神経炎症、B型肝炎と次々と病気になりました。多分、高温の環境で働いたの原因じゃないかと思います。二ヶ月後に見つかった感染病B型肝炎は、体調不良のトイレ清掃時に素手作業で汚物に接触しています。私は熱中症の後遺症とおもいのですが?やっと元気を取り戻していますが、今年の夏がこわいです。
Posted by 中塚美和 at 2008年04月27日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。