カスタム検索

急激に起きる腰痛ぎっくり腰

急激に起きる腰痛ぎっくり腰、栄養分の不足からくるぎっくり腰

ぎっくり腰と呼ばれるものは、急激に起きる腰痛の総称なんです。
中でも多いのが腰椎のねんざですね。


【原因】
原因は腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)の損傷によるものですが、多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からな仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こるギックリ腰です。

ではどうして仙腸関節に付着する軟部組織が損傷し腸骨がズレるのかというと、骨盤を支えている筋肉が弱くなることによりズレるということと、仙腸関節を構成する軟部組織そのもの自体の機能すなわち関節の動きを機能を維持する栄養分の不足により、体を支持する能力が低下し腸骨が後下方にズレる、ということが考えられています。

関節の栄養不足の問題は、寒くなると体がというストレスに抵抗して健康を支持しようとする人間の生命力として備わっている恒常性の働きにより、副腎からホルモンが分泌され、そのホルモンの生成にビタミンCが必要と体の中の組織や細胞中にビタミンCが使用され消費されるので当然、食生活などでビタミンCの摂取の少ない人などは仙腸関節の中のビタミンCも不足するようになってきます。
循環が悪いつい間板に負担が掛かり、ヘルニアが出てしまい、神経が圧迫されて痛みが出てくることが多いです。



posted by からだなおし at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 原因と対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。