カスタム検索

急な冷え込みと関節痛

j0337363.jpg


急な冷え込みと関節痛
保温を心がけ、関節の負担を減らす工夫をしましょう
2005年3月28日掲載

聖路加国際病院整形外科医長 黒田 栄史 先生


 もうじき桜の花が咲きますが、この時季は暖かい日が続いたかと思うと雨が降るなどして急に冷えて関節の痛みを訴える人がいます。関節痛は急な冷え込みでも起こるからです。痛みを防ぐポイントは防寒と関節への負担軽減です。動きやすく保温性の高い衣類と、種々のサポーターから生活習慣に合うものを選んで使うことも効果的です。

 また、座ったり立ったりする動作により膝や腰などに負担がかかって関節炎が悪化することもありますから、座卓をテーブルに、敷きぶとんをベッドに変えるなど、洋式の家具を取り入れるのもよいでしょう。日常の関節への負担を減らす工夫を心がけて下さい。

なるほど!ドクターコラム(日本経済新聞)より転載




posted by からだなおし at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。