カスタム検索

頭痛の種類は

生体反応としての頭痛は
冷たい物を食べたときなどコメカミが痛くなることがありますが
これは体の反応としおきる頭痛です。

脳や全身の病気が原因での頭痛(症候性頭痛)
脳の病気やその他なんらかの病気が原因となって起こる頭痛ですが。
慢性頭痛とちがい、なかには命にかかわるものもありますので。
お医者に診て頂いて下さい。


頭痛もちの頭痛(慢性頭痛)
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、いわゆる頭痛もちの頭痛です。

症候性頭痛
なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。なかには脳腫瘍、
くも膜下出血や脳梗塞などの脳血管障害などの病気によって起こる
ものもあります。命にかかわることもありますので、このようなような
頭痛の場合はお医者さんに診て頂いてください。

慢性頭痛とは
片頭痛とか。
緊張型頭痛とか。
群発頭痛とかがあります。


片頭痛・・・ズキン、ズキン脈とともに痛む感じ!
・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)
・頭の片側が痛むことが多い(両側の場合もある)
・痛みのピークに吐き気がすることも見られる。
身体を動かすと痛みが強くなる傾向がある。


緊張型頭痛・・・肩コリ、腕の痛みだるさやギューッとしめつけられる
感じの痛み 頭が廻しにくい。
頭をギューッと締め付けられるような痛み、圧迫感、重い感じがのる。
いつからともなくはじまりダラダラ続くき不快感がある。
後頭部が重く、痛くなる
首や肩のコリや目の痛みを伴うことがある。

群発頭痛・・・強烈な痛みがあることがある。
慢性頭痛で目の奥が不快感に襲われるかんじ。
決まって片側が痛む 特に目の奥が痛む感じ。
目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状がおきやすい。

慢性頭痛については骨格の狂いにより引き起されていることがわかります。
骨格のバランスを改善することで、首や肩のこり腕のトラブルの解消、
頭痛等のの解放が図れます。

その他の慢性頭痛についても、血管拡張・収縮のリズムも自律神経の
働きにより起るものです、自律神経が関係していることが考えられます。
これらも骨格のバランスの狂いにより引き起こされていますので体の歪を
修正することにより改善されます (^−^*)♪


posted by からだなおし at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛 頚椎 肩こり 腰痛の関連は | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29471114

この記事へのトラックバック