カスタム検索

口臭の原因をつきとめよう

お友達との楽しいおしゃべりの時など、
誰もが一度は気になったことがあるのではないでしょうか? 
それは、自分や、他人の口臭です。
今回は、口臭についての正しく知識をお伝えしましょう。

相手の口臭はかなり指摘しづらいものです。
また、
自分の口臭があるのではないかと不安になることもあると思います。

実は口臭は誰にでもあるものです。
起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。
要はにおいの強さが問題なのであって、
他人が不快を感じるレベル以下であれば良いわけです。

口臭の原因や種類は、さまざま。大きく分けると、
(1)飲食物や嗜好品による口臭、
(2)生理的口臭、
(3)病的口臭に分けられます。
その中でも、病的口臭が問題にです。
病的口臭は口腔内で発生する、歯周病、虫歯、プラーク、歯石、舌苔(ぜったい)、口腔がんなどによるものが、9割以上を占めます。

口腔内の細菌は、古くなって剥がれた粘膜や血液成分、
細菌の死骸などを分解して、
揮発性硫黄化物を作ります。
主なものとして、
硫化水素、
メチルメルカプタン、
ジメチルサルファイドの
3つのガスがあり、それぞれ特有の臭いがあります。

口臭は、これらのガスが混ざり合っていることが多く、
次のような大変不快なにおいになることがあります。

硫化水素…卵の腐ったような臭い

メチルメルカプタン…血生臭い魚や野菜が腐ったような臭い

ジメチルサルファイド…生ごみのような臭い

予防には口腔内を清潔にすることが一番です。

磨いているけど、磨けてない」という状態になっていませんか?

毎日磨いてもプラークが口腔内に残っていると口臭の原因になります。

舌を磨いたことはありますか? 
鏡に向かって舌を出してチェックしてみましょう。

白色や淡黄色の苔のようなものがついていませんか? 
この苔のようなものが、舌苔です。

舌苔は細菌や剥がれた粘膜、食べカスなどからつくられていて、
歯に付着するプラーク同様、揮発性硫黄化合物を発生させ、
口臭の原因となります。

舌苔は、
専用の舌ブラシや柔らかい歯ブラシで磨いて取り除く必要があります。

プラークの付着は歯や舌だけではありません。
入れ歯にもプラークは付着します。
お口の中に入れ歯を着けっぱなしでブラッシングするのではなく、
入れ歯をはずしてブラシですみずみまで磨きましょう。
入れ歯専用のブラシを使ったり、
洗浄剤を使ったりするとより効果的です。

お口のお手入れをしっかり行っていても、
歯周病や虫歯があると口臭を除くことが困難です。
歯周病や虫歯は早めに歯科医院に行って治療を受けましょう。

よりお口の中をきれいに保てるように、
定期的に歯科検診を受けることが大切ですよ。


■ささざわ・まゆこ  歯科医師。横浜市出身。35歳。桐朋学園大音楽学部演奏学科声楽専攻卒業後、日本歯科大新潟歯学部を経て、2009年まで 日本歯科大学新潟病院総合診療科勤務。現在、ささざわ歯科医院(群馬県高崎市)副院長。日本歯科審美学会会員。現役女医ユニット「Joy ☆Total Clinic」(カロスエンターテイメント)のメンバー。

【女医ドル リレーコラム】歯科医・笹澤麻由子先生
2010.02.24ZAKZAKより転載
posted by からだなおし at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健口体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック