カスタム検索

最近増えている治らないうつ病は、首コリを疑え!

予防は季節に関係なく「冷やさない」

最近増えている“頚筋性うつ”

仕事の重圧で落ち込む。しかも、出勤できないほどの体調不良。病院へ行くと「うつ病」と診断され、処方された薬を飲んだが良くなるどころかむしろ悪化の一途… そんな「うつ病」は、首コリに関係してる可能性があるという。

「最近増えている新型うつ病は、“頚筋性うつ”といって、首の筋肉の障害が原因です。抗うつ薬が効かないのは、心の病とは違うからです」と話すのは、「新型『うつ』原因は首にあった!」(大和書房)の著者、東京脳神経センターの松井孝嘉理事長。原因不明のムチウチ症の研究を続ける中、1978年に首の筋肉の異常に伴い自律神経失調症を起こすことを突き止めたという。

たくさんの筋肉と神経がある首。筋肉に異常が生じて首が凝ると、「頭痛、めまいやふらつき、慢性疲労などさまざまな症状が起こる」と松井理事長は言う。

これらの症状を自覚して病院で検査を受けても、身体機能に「異常なし」といわれるのが通例だ。たとえば、「胃が痛い」といって内視鏡の検査を受けても、「胃はキレイです」と医師にいわれる。自律神経の乱れから来る各種の症状は、「ストレス」「心の病」として、心療内科や精神科へ紹介されるのが一般的。その結果、抗うつ薬などをたくさん処方され、それでも症状が治らずに自殺を考えたという患者を松井理事長は多く見てきたという。

「うつ症状は、いろいろな原因で起きる。それを全部、精神病の従来の治療法の抗うつ剤投与とカウンセリングを行うのでは首の筋肉が原因のうつが治るはずはありません。精神科や心療内科で治らなかったうつ病が、首の筋肉の治療で治る。それも、入院1−2週間で、まずうつ症状が最初に消えるのです。これがわかれば何年経っても、もう、うつ症状は出てきません」(松井理事長)

近年、パソコンや携帯電話の普及に伴い、前屈みの作業が増えた。重さ約6キロの頭を支える首はますます凝りやすい環境にあり、それが首コリからくるうつ病に拍車をかけている。

新型うつ病”予防には、パソコンなどの操作中も15分ごとに首の筋肉をほぐし、季節に関係なく首を冷やさないことが重要だ。首をいたわる習慣が、あなたの心のコリもやわらげてくれるかもしれない。

2010.02.03 ZAKZAKより転載
posted by からだなおし at 04:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、首、肩こり、腕の痛みの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141306160

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。