カスタム検索

親指から中指にかけてのしびれ、痛み

手根管症候群(しゆこんかんしょうこう ぐん)
 
正中神経が関係した麻疹や損傷で重要なものがいくつかあります。


一つは手根管症候群です。


手首の内側にはゆびを動かしたり、
痛みや触る感じを伝える重要な神経が二つあります。


一つは手首の真ん中を通る正中神経であり、
もう一方 の小指側には尺骨神経があります。


またここには
ゆびを動かすための多数の腱が神経と平行に通っています。


そしてさらに、これらの腱や神経が手首の動きなどで
バラバラにならないよう に束ねている靭帯もあります。


これはちょうど手首のところに使うサポーターみたいなものを
想像してもらえばわかりやすいと思います。


この靭帯の名前を横手根靭帯といいますが、
手根管症候群は手首の真ん中にある正中神経
とこの横平板靭帯が関係しています。


なにかの原因で 正中神経が靭帯で締め付けられると痛みやしびれ、
そしてゆびの動きが悪くなります。


このような神経麻疹を狭窄性神経炎と呼ぶこともあります。


原因不明のことが多いのですが、
妊娠後期の妊婦や大工、
農業など手首を良く使う人などによく見られます。


症状は親指から中指にかけてのしびれ感、
ビリビリ・ジンジンした痛み、
さらに夜間痛などと共に親指を使う細かな
運動が出来なくなることなどです。


症状が軽いうちは安静を保つために手の装兵士佼間に装着
したり低周波治療や薬物療法で軽快します。


ゆびのしびれ程度のときには手術をすることは まずありませんが、
親指の付け根のところの筋肉のやせ、
つまり萎縮が目立つようになったり、
痛みが高度のときには手術療法の適応となります。


手術は先に述べた正中神経を締め付けている手首のところのすじ、
つまり靭帯を切って開放して圧迫を取り除くことを目的としています。


これによって症状はとれてきます。



骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。



posted by からだなおし at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛、首、肩こり、腕の痛みの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115020765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。