カスタム検索

ある日突然シャツが着にくくなった

四十肩五十肩(しじゅうかたヽごじゅうかた)
 
四十肩、五十局というのは一般的な呼び名で、
医学的には肩関節周囲炎といいます。


肩には骨と軟骨で出来た関節そのもの、
そしてその周りにはすじ(腱)とその腱を覆うさや(腱鞘)筋肉、
さらに肩の運動をなめらかにする袋(粘液包)などがあります。


そしてこれらが四十歳や五十歳で何らかの原因で炎症を起こし、
このことにより腕が上がらなくなるのです。


四十歳や五十歳という大局にそろそろ老化現象が起こって
くるころです。


一般的にはこの時期に自分でははっきりと覚えているような
軽い外傷がきっかけで起こるものや、
まったく原因不明の場合もあります。


この病気の起こりは特徴的で或る日突然シャツが着にくくなった、
手をうしろに圭わして帯を締めることが出来にくくなったという
ことで気が付きます。


ひどくなるともうどちらの方向にも動かなくなり。


冷凍肩〃という名前が付けられたりもします。


治療法としては鎮痛剤や湿布剤、
副腎皮質ホルモン剤の関節内注入などがありますが、
この病気の治療に特徴的なのは肩を動かしながら治すということで、
そのために五十肩用の体操療法が必要なのです。


これは整形外科医指示のもとに理学療浩士がよく教えてくれます。


一般にはこの体操療法を続けつつ湿布剤を主とした薬物療法、
そして温罨法などを使って肩の冷えを防ぐようにすることで
だんだんと治っていきますが、
その期間は人によっていろいろで、長い場合には一年以上
経ってもすっきりしないことかあります。



それは動かしながら治していくという患者本人の努力と大いに
関係していて、一層の訓練が治療として必要というわけです。
 

なお、四十肩、五十肩にならないようにする予防法としては、
これらの年齢になったら、
普段できるだけ肩を動かすように努力すること、
特に肩を上や横に完全に仲ばしきる努力をしましょう。



骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。

posted by からだなおし at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛治療とお客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック