カスタム検索

腰痛はさほど強くないが歩きにくい

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゆうかんきょうさくしょう)
 
背骨には脳の続さとして首からおしりまで脊髄が通っていることは
皆さんよくご承知でしょう。


この脊髄が通っている管を脊柱管といいます。

このくだが腰の部分で何らかの原因により狭くなった状態が
脊柱管狭窄瘤です。


このことにより脊髄は圧迫をうけ、
そこからいろいろな症状が出てくるというわけです。


その原因としては、
前述した椎間板ヘルニアや辻り症、
あるいは外傷などがあげられよすが、
もっとも多いのが老化現象に伴うものです。


したがってこの病気の場合、
背骨には前述の変形性脊根瘤を合併していることが多いのです。


だから年齢的には四十歳以上の男性に多くみられ、
両側の太ももから足先にかけてしびれや冷え、
さらに痛みなどを訴えます。
 

そしてしばしば歩きにくいという
訴えもありますがこれには特徴があります。


つまりある一定の距離を歩くともうそれ以上歩けなくなりますが
少し休むと再び歩けるようになるのです。


これを間敵性肢行といいます。


症状としては前に述べた坐骨神経痛と同じですが
激しい痛みを訴える場合はあまりありません。


この間敵性肢行を示す病気にはもう一つ重要なものがあり、
これと区別する必要があります。


それはやはり男性に多く、
また年齢的にもよく似た病気で閉塞性動脈炎といいます。


これは足の動脈がどこかで詰まってしまい血のめぐりが
足先までいかなくなった状態です。


この血管が詰まる原因は血管の病気である動脈硬化
症であることが多いのです。


この二つの病気の区別は医師がしてくれるので、
是非診察を受けることをお勧めします。


治療としては軽いうちは理学療法や運動療法をしますが、
症状が進行してくる場合には手術により脊髄やそ
こから出る神経への圧迫を取ることを試みます。


いずれにしろ整形外科医とよく相談して下さい。



骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。

posted by からだなおし at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック