カスタム検索

腰痛だけでなくあしがしびれる事もある

腰痛症

ヒトの背骨は大きく分ければ首と背中と腰に分けられます。
そのなかで腰か原因で起こる痛みをひっくるめて腰痛症といいます。

だから腰痛症にはいくつもの原因述あるというわけです。

交通事故や労働災害などの外傷を除いて,
いま主なものをあげてみると腰の骨やその周囲の部分が
老化したことによるもの,
長時間の疲労と考えられる場合,
スポーツやその他の外力が関係する時,
化膿などによる細菌感染,
骨のおできつまり腫瘍,
そのほか内臓や血管の病気によるもの,
精神的な原因によるものなどもあげられます。

次にその症状ですがこれも大きく分けると
腰の痛みだけを感じる場合と
腰痛の他にあしの方の痛みやしびれを訴える場合とがあります。
この後者の方は坐骨神経痛という名前でよく知られています。

坐骨神経痛にかかると痛みやしびれは腰からおしりの部分,
それから太もも特に後ろ,時には前や横へと走り,
さらに膝から下はすねの方よりむしろ外側を通り,
足の部分では底の方よりもむしろ上から横の方にかけて感じます。


では腰が悪いのにどうしてこんな下の方へと
不愉快な痛みがあるのでしょうか。

これは腰のところの何カ所かから出た神経が集って
坐骨神経という一本の太い神経となりこれかおしりの部分から
あしの方へと下って走っているからなのです。

だから腰の部分の神経に障害が生じるとその影響は
あしの方へと影響するというわけです。

これは腰のところの神経をダムと考えれば,
ここに障碍が起こるとその下流に影響が
及ぶというのと同じなのです。

このように腰痛症には腰だけに痛みが生ずる場合と
あしの方にも症状が出てくることがあるわげで,
よくその仕組みを承知しておくことが必要です。

さて腰痛で私ども整形科医の外来を訪れる患者さんは
極めて多いのですが,
そのうちでも特に多い腰部筋筋膜症,
椎間板ヘルニア,
変形性脊椎症,
骨粗鬚症,
脊椎分離症と,
這り症,
脊柱管狭窄症などについて順次述べてみたいと思います。


骨を守る骨の病気 ア・ラ・カルト
山梨医科大学整形外科 教授 赤松功也 編著
より転載 させて頂きました。



posted by からだなおし at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 原因と対策について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。