カスタム検索

医師も知らない“難病”200万人が要治療 むずむず足症候群

★脳の鉄欠乏状態が神経伝達に影響

疲れているのに眠りたくても寝付けない病気のひとつが
「むずむず脚症候群」。
あまり知られていない“難病”だが、新たな治療薬が登場、
注目を集めている。

正式な病名は『特発性(一次性)レストレスレッグス症候群』。
治療が必要な人は200万人に上るといわれるが、
病気そのものの認知度が低く、
別の病気と診断されて苦しみ続けている人もいるという。

20年前からむずむず脚症候群の治療を行っている
秋田大学大学院医学系研究科の清水徹男教授は、
「一般の人だけでなく医師が知らない病気。

症状を話してもご家族や医師に信じてもらえず、
心の病気と間違われやすい。患者さんの中には、
整形外科や内科を転々として、
きちんとした診断がなかなかつかないケースも多い」と説明する。

症状が表れるのは、夕方や就寝前、長い間じっとしているときなど。
特徴としては、脚の奥が「むずむずする」
「虫が這っているように感じる」「ピクピクする」
などの不快感がある。

脚を動かさずにいられなくなるため、
眠ることができない。室内をうろうろ歩き回ったり、
脚をたたくなどして、
ようやく症状が治まったころに布団に入ると、
また症状が始まる。そのせいで睡眠不足になり疲れが取れず、
日中の活動量も低下しやすいという。

原因は、脳の鉄欠乏状態(鉄の輸送と貯蔵の異常)により、
中枢神経の神経伝達物質・
ドーパミンがうまく働かなくなることで、
「睡眠導入剤を飲むと、
症状を増悪させることがあり注意が必要です。
放置すると症状はゆっくり進行していきます」と清水教授。

治療では、胃腸障害など鉄欠乏につながる基礎疾患をみつけて、
夕方以降はカフェインやアルコール、
ニコチンを摂らない、
就寝前に短時間歩くなどの簡単な行動療法、
ゲームなどで意識を他のことに向け症状から注意をそらす工夫など、
薬に頼らない方法が柱になる。

しかし、これでは治まらない重症患者には、パーキンソン病に
使用されている「ビ・シフロール錠」での治療が可能になった。
今年1月、むずむず脚症候群への適応が新たに承認されたのだ。

「むずむず脚症候群は治る病気です。
薬はパーキンソン病で使用する量よりも少なく、
症状を改善できます。
薬のさじ加減も、
神経内科や睡眠障害の専門医療機関はわきまえていますから、
症状があったら、専門医に受診していただきたい」(清水教授)。

■むずむず脚症候群の主な症状

(1)不快な下肢の異常感覚に伴って、
あるいは異常感覚が原因となって、
脚を動かしたいという強い欲求が起こる。

(2)異常感覚は、安静にして静かに横になったり、
座ったりしている状態で始まる、
あるいは増悪する。

(3)異常感覚は運動によって改善する。

(4)異常感覚は、日中より夕方・夜間に増強する。

※4つのポイントが当てはまるなら
むずむず脚症候群の可能性がある。
専門医への受診を。

2010.03.31ZAKZAKより転載 @ @
posted by からだなおし at 08:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛と足の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不調元気 肩こり、冷え放っておくと…がんなど大病に直結も

★日頃から体を温める行動が大切

なんだか気になる肩こりやだるさ。自称健康な人ほど危ない

体調を崩しやすい季節の変わり目は、
元気なのに不調を感じる「不調元気」の人が増加する。
肩こりや冷え、
疲れやだるさなど日常的に感じる身体のSOSを放っておくと、
生活習慣病やがんなどの大病に結びつくこともあるという。

花王がサポートする「血めぐり研究会」
が行った20代〜40代の男女650人を対象にした調査では、
「現在健康である」と回答した501人のうち、
92%が「肩こり」「冷え」
「疲れやだるさ」などの不調を感じていた。
こうした“不調元気”の人は女性の場合20代が最も多かったが、
男性は年代に関係なく、「下痢」(38.8%)
の症状を訴えた人もいた。

こうした結果に,
東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニックの川嶋朗所長は、

「ちょっとした体調不良にも、原因がありますが、
働き盛りの男性はこうした不調を放置しがち。
仕事に責任感はあっても、自分の身体には無責任。
それが、
不調元気につながり、やがてがんなどの病気になるのです」と警告。
さらに、「ストレスや食生活の乱れにより、
身体が冷え、血液循環や新陳代謝が悪くなると起こる症状。
日頃から身体を温めることで不調元気の症状は改善されます」と話す。

身体を温めるポイントは、
「肩・首もと」「腰まわり」「二の腕の裏側」
「ひざの裏・太もも」の4カ所。
インナーを着用しデスクワークのときも肩かけ、
ひざかけ、湯たんぽなどで温める。
実際に、川嶋所長は湯たんぽを仕事中にも使用しているそうだ。

「自分の1日を振り返ると、
必ず身体を冷やすような生活習慣があるはず」と川嶋所長。

たとえば、朝シャワーを浴びて朝食抜きでは体温は上がりにくい。
通勤電車で座り、駅ではエスカレーターを使用し、
会社ではエレベーターに乗る。
こうした行動も身体の活動量が鈍くなり、体温は上がりにくい。
また、
時間を惜しんで昼食を5分で済ませるなど安易な食習慣もよくない。

「食事は時間をかけて、しっかり噛むことで体温は上ります。
また、階段を使うなどの軽い運動も必要。
夏場でも体温より2度ほど高い38度程度ぬるめの風呂に
帰宅後ゆっくり浸かってください」 (川嶋所長)

「不調元気」は病気の一歩手前。甘く見ない方がよさそうだ。

2010.03.24 ZAKZAKより転載2010.03.24 @ @
posted by からだなおし at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血圧と腰痛、肩こり、頭痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。